メインメニューを開く

名古屋文理大学(なごやぶんりだいがく、英語: Nagoya Bunri University、公用語表記: 名古屋文理大学)は、愛知県稲沢市稲沢町前田365に本部を置く日本私立大学である。1999年に設置された。大学の略称は名古屋文理、文理大、名文大、NBU。

名古屋文理大学
Nagoya Bunri University ac (1).jpg
本館

名古屋文理大学の位置(愛知県内)
名古屋文理大学
名古屋文理大学 (愛知県)
名古屋文理大学の位置(日本内)
名古屋文理大学
名古屋文理大学 (日本)
大学設置 1999年
創立 1956年
学校種別 私立
設置者 学校法人滝川学園
本部所在地 愛知県稲沢市稲沢町前田365
北緯35度14分52.80秒 東経136度47分27.60秒 / 北緯35.2480000度 東経136.7910000度 / 35.2480000; 136.7910000座標: 北緯35度14分52.80秒 東経136度47分27.60秒 / 北緯35.2480000度 東経136.7910000度 / 35.2480000; 136.7910000
キャンパス 名古屋キャンパス、稲沢キャンパス
学部 情報メディア学部
健康生活学部
短期大学部
ウェブサイト 名古屋文理大学公式サイト
テンプレートを表示

概観編集

「食と情報」をテーマに、実践的な教育・研究が行われている。

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

略歴編集

1941年昭和16年)創立の農林省財団食糧科学研究所を起源とし、1999年平成11年)に名古屋文理大学を愛知県稲沢市に開学。

年表編集

  • 1941年(昭和16年)10月 : 創立の農林省財団食糧科学研究所を創立。
  • 1956年(昭和31年)5月 : 名古屋市西区に名古屋栄養専門学院を開設。
  • 1966年(昭和41年)4月 : 名古屋栄養短期大学開学。
  • 1983年(昭和58年)4月 : 愛知県稲沢市に稲沢キャンパスを開設(情報処理学科、1986年設置・経営学科、1990年設置)。
  • 1988年(昭和63年)4月 : 名古屋文理短期大学に改称。
  • 1999年(平成11年)4月 : 名古屋文理大学(愛知県稲沢市)を開学、情報文化学部を設置。
  • 2003年(平成15年)4月 : 健康生活学部を開設。
  • 2005年(平成17年)4月 : 名古屋文理短期大学(名古屋キャンパス)を名古屋文理大学短期大学部に改称。
  • 2012年(平成24年)4月 : 情報文化学部を改組し情報メディア学部を設置。

学部・学科編集

稲沢キャンパス編集

名古屋キャンパス編集

理事長編集

  • 滝川嘉彦

学長編集

  • 景山節

所在地編集

〒492-8520 愛知県稲沢市稲沢町前田365

近隣施設編集

 
名古屋文理大学文化フォーラム(稲沢市民会館

高大連携協定高校編集

大学の関係者編集

  • 滝川一益(学園創設者)故人
  • 滝川直昭(初代学長)故人
  • 稲石三二 - ハンドボール指導者(情報文化学部 元教授)故人
  • 山田弘明 - 哲学者(情報文化学部 元教授)
  • 栗原弘 - 歴史学者(情報文化学部 元教授)
  • 森梅代 - 霊長類学者(元教授・情報文化学部長、副学長)
  • 稲葉寿美 - アナウンサー (非常勤講師)

出身者編集

コミュニケーションマーク編集

  • デザインマニュアルにより、「時代を敏感に察知するセンスコミュニケーションマークとして設定」されている。
  • アクセントの"●"(BUNRIのアイの上部)は夢を表し、アンダーラインは未来に向かって進むべき道、そして勢いを表現している。

スクールカラー編集

メインカラーとしてBUNRIマゼンタ(M:100%,Y:20%)とBUNRIオレンジ(M:70%,Y:90%)が、サブカラーとしてBUNRIブラック(K:100%)とBUNRIグレー(K:50%)が定義されている。

スローガン編集

  • デザインマニュアルにより、「人間力×実践力」をスローガンとして掲げている。
  • 知識や技術を学ぶだけでなく社会人として通用する実力を育てるとの思いが込められている。

広告・宣伝編集

名鉄特急1000系 - 1200系1800系の電車ボディーステッカーに広告を出しており、テレビCMも放送されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 大学の沿革”. 名古屋文理大学. 2019年5月3日閲覧。

関連項目編集

公式サイト編集


この記事はプロジェクト:大学/大学テンプレート (日本国内)にしたがって作成されています。