メインメニューを開く

名古屋経済大学市邨中学校・高等学校

名古屋経済大学市邨中学校・高等学校(なごやけいざいだいがくいちむらちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、愛知県名古屋市千種区北千種三丁目にある私立中高一貫校

名古屋経済大学市邨中学校・高等学校
NKU Ichimura High School.jpg

名古屋経済大学市邨中学校・高等学校の位置(愛知県内)
名古屋経済大学市邨中学校・高等学校
名古屋経済大学市邨中学校・高等学校 (愛知県)
名古屋経済大学市邨中学校・高等学校の位置(日本内)
名古屋経済大学市邨中学校・高等学校
名古屋経済大学市邨中学校・高等学校 (日本)
過去の名称 名古屋女子商業学校
名古屋女子商業高等学校・名古屋女商中学校
市邨学園中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人市邨学園
設立年月日 1907年
創立者 市邨芳樹
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 後述
所在地 464-8533
愛知県名古屋市千種区北千種三丁目1番37号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

課程編集

全日制の普通科高校。 商業科は2002年より募集停止。 全日制の中学校を併設。

カリキュラム編集

中学校は週33単位で、月・水・木曜日が7時限目を実施。 高校は、特進・進学コースが週33単位で、月・水・木曜日が7時限目を実施。 総合は、週32単位で、月・木曜日が7時限目を実施。

特進コースは授業後に「進学補習」を実施。その他のコースは希望制。

コース編集

高校は次の3コース制。

  • 特進
  • 文理
  • キャリアデザイン

沿革編集

(沿革節の主要な出典は公式サイト[1]

クラブ活動編集

著名な出身者編集

市邨学園いじめ自殺事件編集

市邨学園いじめ自殺事件とは、2002年9月頃から2003年3月頃までの間、同学園中学校に在籍していた日本人女性・カナダ人男性とのハーフの子である女生徒が、学園内にて多数のいじめを受け、担任教師にいじめの事実を伝えるも適切な対応をとってもらえず転校後、解離性同一性障害を発症し、2006年8月、自宅マンションから飛び降り自殺した事件である。この事件を受け、自殺した女性との母親は市邨学園といじめに加担した加害側生徒及びその親らを相手取って損害賠償請求訴訟を起こした(事件番号平成21(ワ)4773)。

いじめ加害側生徒及びその親らはいじめの事実及び解離性同一性障害が在学中に原因があることの因果関係を認めず、原告と全面的に争った。また、学園側もいじめが起きていた時期からいじめの存在を否定して適切な対処を取らず、女生徒の自殺後に母親が学園側との協議を求めたことに対し、文部科学省に対しては「適切に対処する」と回答しながら、母親からの郵送文書の受け取り拒否や面会拒否などの対応を取った。

母親は2011年、名古屋地方裁判所に学園及び加害側生徒及びその親らを被告とする損害賠償請求訴訟を起こし、地裁は女生徒の解離性同一性障害の発症及び自殺には因果関係があると認め、被告6人に対する損害賠償責任があると認める判決が出された。

一方、第2審ではいじめと自殺の因果関係が認められない判決が出された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 学園の沿革”. 名古屋経済大学市邨中学校・高等学校. 2019年3月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集