メインメニューを開く

名古屋臨海鉄道昭和町線

昭和町線(しょうわまちせん)は、愛知県名古屋市南区東港駅から同市港区昭和町駅までを結ぶ名古屋臨海鉄道鉄道路線である。

昭和町線
昭和町線の踏切信号を通過する列車
昭和町線の踏切信号を通過する列車
概要
起終点 起点:東港駅
終点:昭和町駅
駅数 2駅
運営
昭和町線として開業 1965年8月20日
所有者 名古屋臨海鉄道
使用車両 名古屋臨海鉄道#車両を参照
路線諸元
路線総延長 1.1 km (0.68 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線

細線は名鉄築港線構外側線時代の旧線


STR
東港線
DSTq ABZq+r kABZq2 STRq+k3
0.0 東港駅 南港線
exnSTRq
exnSTRq
東築線
WDOCKSm STR BST
船見町駅
RAq SKRZ-Au RAq SKRZ-Au
名古屋高速4号東海線
WDOCKSm exENDEa KDSTxe WDOCKSm STR
1.1 昭和町駅
WDOCKSm exSTRl exSTRq exSTRr WDOCKSm STRl
汐見町線
WDOCKSm WDOCKSm WDOCKSm WDOCKSm WDOCKSm WDOCKSm WDOCKSm
名古屋港

ほぼ全線が東亞合成名古屋工場の敷地に沿って敷設され、愛知県道55号名古屋半田線との交差地点には踏切信号が設置されている。

路線データ編集

  • 路線距離:東港駅 - 昭和町駅間 1.1km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:2駅(起終点駅を含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:スタフ閉塞式

運行形態編集

2009年3月改正以降、定期列車は設定されていない。

同改正前は、化学薬品輸送用の定期専用貨物列車が1日2本設定されていた。昭和町駅から東港駅の三洋化成工業タキ7750形で輸送されていた苛性ソーダは、2009年3月12日の発送をもってタンクローリーでの輸送に切り替えられた[1]。川崎貨物駅行きの苛性カリ輸送は、名古屋南貨物駅発に変更された。[1]

歴史編集

愛知県営の専用鉄道が原型であり、運用が名古屋鉄道に委託されてからは名鉄築港線の構外側線として扱われていたが、名古屋臨海鉄道の設立により同社に移管された[2][3]

  • 1965年昭和40年)8月20日 - 構外側線が名古屋臨海鉄道に移管され、昭和町線として開業する。
  • 2009年平成21年)3月14日 - ダイヤ改正により、定期列車の設定が消滅。
  • 2015年(平成27年)8月1日 - 営業休止[4](7月6日届出、以後1年毎に更新)。
 
名鉄構外側線時代の昭和埠頭専用線

駅一覧編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名古屋臨海鉄道昭和町線 苛性ソーダ・苛性カリの輸送が終了”. railf.jp (2009年3月14日). 2009年3月21日閲覧。
  2. ^ 名鉄の電気機関車「デキ」写真展(平成27年 秋季特別展)”. 名古屋鉄道. 2018年8月23日閲覧。
  3. ^ 名古屋市都市計画情報提供サービス 都市計画基本図情報 S30-S33 基本図”. 2018年8月23日閲覧。
  4. ^ 平成28年度鉄道要覧

関連項目編集