メインメニューを開く

名古屋芸術大学短期大学部(なごやげいじゅつだいがくたんきだいがくぶ、英語: Junior College Nagoya University of ArtsまたはNagoya University of Arts Junior College [6])は、愛知県北名古屋市熊乃庄古井281に本部を置いていた日本私立大学である。1963年に設置。大学の略称は名芸短。学生募集は2006年度まで[7]2007年度より名古屋芸術大学への全面改組により短期大学は学生募集を停止し、2008年7月31日正式廃止[8]

名古屋芸術大学短期大学部
大学設置 1963年
創立 1957年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人名古屋自由学院
本部所在地 愛知県北名古屋市熊乃庄古井281
学部 保育科
音楽科
器楽専攻[1][2]
声楽専攻[1][2]
文科
国文専攻[3][4]
英文専攻[1][4]
児童教育科
第一部[5]
第二部[5]
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

  • 学校法人名古屋自由学院により運営されていた日本私立短期大学1963年、名古屋自由学院短期大学として設置された。当初は保育科のみの単科短大だったが、順次学科の増設により最大昼間部4学科(うち2学科4専攻)と夜間部1学科体制となったが、最終的には2学科体制となる。

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

  • 名古屋芸術大学短期大学部における建学の精神は「至性奉仕」となっている。

教育および研究編集

  • 保育者の養成は短大設置当初から行われており、系列となっている幼稚園での教育実習もとり行われていた。

学風および特色編集

  • 当初は女子のみを対象とした短大だったが、学名変更と同時に男女共学となった。

沿革編集

  • 1957年 名古屋自由学院幼稚園教員養成所が創設される。
  • 1963年 名古屋自由学院短期大学(なごやじゆうがくいんたんきだいがく、英語: Nagoya Jiyu Gakuin Junior College)として開学。当初は昭和区緑町1にあった。
    • 保育科:在学生数は50[9]
  • 1965年 昭和区から師勝町へ移転。
  • 1966年 文科を増設:在学生数は56[10]
    • 国文専攻
    • 英文専攻
  • 1967年 音楽科を増設:在学者数は87[11]
  • 1974年 児童教育科を増設:在学者数の記載なし[12]
  • 1975年 音楽科を2つの専攻に分離
    • 器楽専攻
    • 声楽専攻
  • 1978年 児童教育科に第二部を設置し、以下の課程とする。
    • 児童教育科
      • 第一部
      • 第二部:在学者数は30[13]
  • 2000年 文科を除く全ての学科を共学化。
  • 2001年 名古屋芸術大学短期大学部に改称
  • 2006年 募集終了。
  • 2008年7月31日正式廃止[8]

基礎データ編集

所在地編集

  • 愛知県北名古屋市熊乃庄古井281

教育および研究編集

組織編集

学科編集

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

資格

教職課程

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 名古屋芸術大学短期大学部の学園祭は「名芸祭」と呼ばれていた[14]。名古屋自由学院短期大学の時分は「学院祭」と称されていた[15]

スポーツ編集

  • バドミントン部がとりわけ盛んであり、愛知県私立短期大学体育大会で男子部が優勝、シングルスで3位、女子ダブルス3位の成績を修めている。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

氏名 備考
初代 福田嘉太郎 -
2代 水野純子 1972年度・1974年度版の『全国学校総覧』では「水野欽子」となっているがこれらは誤りである。
3代 川村敏三 -
4代 種橋正徳 -
5代 森川恭巌 -
6代 大島俊三 -

施設編集

キャンパス編集

  • A館・B館・C館・D館・E館・F館が建てられた[14]

学生食堂編集

  • F館の1階に置かれていた[14]

編集

  • 名古屋芸術大学短期大学部(旧・名古屋自由学院短期大学)には「師勝寮」と呼ばれる学生寮がキャンパス近隣にあった[14]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 保育科:在学中に取得した資格や免許を活かして保育所幼稚園への就職する人が多い。名古屋芸術大学附属クリエ幼稚園・滝子幼稚園など多数。
  • 文科
    • 国文専攻:一般企業への就職者が多く、高島屋ジャスコ名古屋鉄道松坂屋などで活躍している。中学校教師として活躍している人もいる[15]
    • 英文専攻:一般企業への就職者が多かった。中学校教師として活躍している人もいる[15]
  • 音楽科(器楽専攻・声楽専攻含む):河合楽器製作所・中部楽器・ヤマハ音楽振興会などの音楽教室講師や中学校の音楽教師など音楽に関連した職に就く人が少なからずいる。名鉄グランドホテルをはじめ一般企業への就職者もいる[15][14]
  • 児童教育科(I部・II部含む):幼稚園や小学校での教師として活躍している人が少なからずいるものと考えられる。

編入学・進学実績編集

附属学校編集

参考文献編集

出典および注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 1999年度入学生までの募集。
  2. ^ a b c d 2001年3月31日廃止。
  3. ^ a b 2000年度入学生までの募集。
  4. ^ a b c d 2002年5月29日正式廃止。
  5. ^ a b c d 1998年度入学生までの募集。2001年5月29日正式廃止。
  6. ^ CiNii雑誌-名古屋芸術大学短期大学部研究紀要-より
  7. ^ 保育科、音楽科のみ。
  8. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』278頁より。
  9. ^ 昭和39年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)30頁より。
  10. ^ 昭和42年度版『総覧』36頁より。
  11. ^ 昭和43年度版『総覧』37頁より。
  12. ^ 昭和50年度版『総覧』45頁より。
  13. ^ 昭和54年度版『総覧』47頁より。
  14. ^ a b c d e f g h i 2006年度入学案内小冊子より。
  15. ^ a b c d e f g h i 2000年度入学案内小冊子より。

関連項目編集

関連サイト編集