メインメニューを開く

名和 顕孝(なわ あきたか)は、戦国時代武将宇土名和氏の6代当主宇土城主。「まんが日本昔ばなし」の「孝行娘」に登場する「若殿さま(伯耆守顕孝)」と同一人物である[2]

 
名和 顕孝(伯耆 顕孝)
時代 戦国時代
生誕 永禄4年(1561年
死没 慶長13年(1608年11月25日[1]
官位 従五位下[1]、左兵衛尉、伯耆守[1]
主君 島津氏豊臣秀吉小早川隆景
氏族 名和氏宇土氏(伯耆氏)
父母 父:名和行直[1]
兄弟 顕輝行良
顕武長興、ドナ=ジョアナ(大矢野種基室)、顕貞
テンプレートを表示

概要編集

永禄4年(1561年)、名和行直の子として生まれる。

天正7年(1579年)、島津氏に対して城氏と共に接近[3]

天正15年(1587年)、豊臣秀吉による島津氏征伐に巻き込まれ降伏し、豊臣軍に加勢して功を挙げた[3]。これにより秀吉から本領安堵を約束される[3]。天正16年(1588年)からは筑前国の小早川氏に属した[3]

慶長13年(1608年)没[3]

跡目は子の長興が継ぎ、柳川藩主・立花宗茂に召し抱えられ、「伯耆(ほうき)」を称した。子孫は柳川藩士として存続し、幕末に至って再び「名和(なわ)」を称した。時の当主・名和長恭男爵に叙せられ、名和神社神職となった。

脚注編集

参考文献編集

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9 
  • 今井尭ほか編『日本史総覧』3(中世 2)、児玉幸多小西四郎竹内理三監修、新人物往来社、1984年3月。全国書誌番号:84023599ISBN 4404012403NCID BN00172373OCLC 11260668ASIN B000J78OVQ

関連項目編集