メインメニューを開く

Japanese National Route Sign 0003.svg 名島橋(なじまばし)は、福岡県福岡市東区多々良川に架かる国道3号道路橋梁

名島橋
名島側より望む
基本情報
日本
所在地 福岡県福岡市東区
交差物件 多々良川
設計者
施工者
後藤龍雄
建設 1930年-1933年
座標 北緯33度38分21.7秒
東経130度25分36.2秒
座標: 北緯33度38分21.7秒 東経130度25分36.2秒
構造諸元
形式 アーチ橋
全長 204.1m
24.0m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

目次

概要編集

名島水上飛行場設置に伴う道路整備の一環として多々良川に架橋された、7つのアーチを描く鉄筋コンクリート橋である。全長204m、全幅24m、片側3車線で通行量は1日約6万台。 新潟県新潟市中央区信濃川に架かる萬代橋と構造、架橋時期が近く、1994年(平成6年)に萬代橋架橋65周年、名島橋架橋60周年を記念して、両橋間で兄弟縁組が成立した。 2004年(平成16年)10月には社団法人土木学会より土木学会選奨土木遺産に認定された。

関連項目編集

出典・参考文献編集

  • 柳猛直『福岡歴史探訪 東区編』(海鳥社、1995年)

外部リンク編集