メインメニューを開く

名望家政党(めいぼうかせいとう、ドイツ語: Honoratioren Partei[1])とは、名士名望家から構成される政党である。幹部政党ともいう[1]

日本において議会制民主主義が導入された初期には、選挙といっても制限選挙の時代がしばらく続き、普通選挙制度の導入によって資産を持たない市民階層による投票が実現されるまでは、納税額を基準に議員として立候補が可能な被選挙権の制限が存在していたため、当選する者の多くが名士と呼ばれる特別な階層の人たちであって、特権階級に属する者達を中心に議会内会派が結成されていた。このような政党を名望家政党と呼び、当時の議会政治で大きな影響力を行使していた政治集団である。

脚注編集

関連項目編集