メインメニューを開く

エポニム英語: eponym)とは、

  • 主として人物の名前に由来する言葉[1][2]
    • とりわけ、発見者などの名前に因んで二次的に命名された言葉(一般的にこの意味で用いられることが多く、本項でも基本的にこの意味で記述する)[3][4][5]
  • 名祖なおや[1][3]。事物や土地、民族などの名前の起源となった人物など[6][7][8][9]

目次

概要編集

エポニムとは、主として人物(場合によっては物や場所)の名前に由来する言葉であり、この場合の人物には、実在の人物の他に、架空の人物、神話の登場人物が含まれる[10][11][12][13][14]。エポニムの語源は、ギリシャ語の “epi”(「~の後に」などの意)と “onoma”(名前の意。英語の-onym)の合成語である[15][6][8]。エポニムの日本語の訳語としては、冠名語[16]、冠名語句[1]、冠名用語[17]などが用いられる。

新たに発見、発明または考案された理論、法則、定理、単位、概念、現象、構造、装置または物質などに、発見などをした人物の名前を冠することを、エポニミー英語: eponymy)といい[15][18][19][20]、この言葉は、人名を冠した用語そのものを指す場合もある[21][8]

エポニミー現象は、西洋の近代自然科学が勃興し始めた16世紀から17世紀頃に出現し、18世紀末期から19世紀頃に徐々に人々の中に浸透、定着していった[15]。エポニミーの目的の1つとして、発見者などを褒賞することが挙げられる[22][18][23][24]。人名を冠することによって、業績を高める効果があるという考え方をエポニミー効果 (eponymy effect) という[25][26]

医学分野におけるエポニムを、特にメディカル・エポニム (en:Medical eponyms) といい、人物や場所の名前に由来する症状や疾患などの名前を指す[14]

エポニムの成り立ち編集

エポニムが成立する過程には、いくつかのパターンがある。

自分の名前を付ける場合編集

企業店舗などの屋号に自分の名前を付けることは、広く行われている。企業の名前はさらに、その製品の総称となることも多い。

自然科学の分野ではあまり行われない[1]

他者に名付けられる場合編集

引用する者、後世の者、マスコミ、命名機関などが、発見者や発明者などの名で呼ぶ場合である[15]。必ずしも最初の発見者・発明者の名がつくとは限らず、再発見者・再発明者や、単に広く紹介した人の名がつくことも多い(例:ボーデの法則)。これをスティグラーの法則という。

彗星の名前には、小惑星センター (MPC) により、発見者の名前が付けられる。

関係者の名前を付ける場合編集

恩師、スポンサー、協力者、国王領主家族などの名を付ける場合である。

自然科学、特に生物学名では、献名と呼ばれる。

偉人の名前を付ける場合編集

無関係な偉人の名を付ける場合であり、水星金星クレーターなどで行われている。例えば、コペルニクス・クレーター天文学者コペルニクスの間に特に関係はない。

人名の種類編集

小林祥次郎の分類による。

実在者名編集

野呂松」「弥助」「弘法麦」「薩摩守」のような歴史上の実在の人物名をつけた物事。江戸時代以後のものはそれを始めた人が多く、それ以前の人名は後世の人が洒落見立てでつけたものが多い。

通り名編集

権助」「三助」など江戸時代に特定の立場の人に共通した名。

擬人名編集

野暮助」「でれ助」など物事を人名になぞらえたもの。

語形による分類編集

そのまま使うもの編集

単位名の場合は、そのまま使うことが多い。例えば、ニュートンなどである[1]

語形を変化させるもの編集

古来は、エポニムをラテン語化することが広く行われていた。例えば、アメリカは、探検家アメリゴをラテン語化した女性形属格(「アメリゴの」)である[6]

現在は、語幹をラテン語化することは少ないが、分野によっては語尾をラテン語化することが慣例となっている。例:生物学名の種小名(属格)、元素名(-ium)[1]素粒子名(-on)。

近年では、英語形容詞語尾もよく使われる。例:ラグランジアンハミルトニアン

文法的な変化ではないが、人名をもじった社名や商品名も多い。

他の語句を加えたもの編集

人名の後に、法則や定理、係数や効果などの語をつけたものであり[1]、例えば、ボイル=シャルルの法則[8]ベルヌーイの定理[1]などがある。

フレミング左手の法則のような、説明的な命名と併用されていることもある。

略語を用いるもの編集

多数の人名が連なる場合など、アクロニムが使われることもある[1]。例えば、EPRパラドックス(アインシュタイン=ポドルスキー=ローゼンのパラドックス)、HR図(ヘルツシュプルング・ラッセル図)[1]など。

awkプログラミング言語)など、アクロニムが正式名称の場合もある。

エポニムの例編集

雑般編集

地名、料理など編集

地名には人名が起源のものが多く枚挙にいとまがない。例えば、アメリゴ・ヴェスプッチからのアメリカアイゲウスからのエーゲ海エウローペーからのヨーロッパなどである。パラドックス哲学にも関係する人名を含むものが多い。料理にもマドレーヌマルゲリータ (ピッツァ)シャリアピン・ステーキなど関係者の名前が使われることが多い。語源に異説が多いことは忘れてはいけない。

科学編集

生物学名や、それに準じて用いられる和名などに関するエポニムに関しては献名の項目を、また医学数学天文学分野のエポニムについては、それぞれエポニム (医学)エポニム (数学)エポニム (天文学)を参照のこと。人名に由来する物理単位人名反応(化学)も参照。

スポーツ編集

体操競技では新しい技を作った人の名前がつくことが多い(技と技名・新技を参照)。

英語のエポニムの例編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 下坂英 (2019年3月15日). “科学におけるエポニム”. 東洋英和女学院大学大学院. 2019年6月15日閲覧。
  2. ^ Fahad Al Aboud (2014年). “Eponyms in Statistics”. American Journal of Research Communication. 2019年6月15日閲覧。
  3. ^ a b c エポニム eponym デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2019年6月15日閲覧。
  4. ^ 現代人のカタカナ語辞典 エポニム”. イミダス. 2019年6月15日閲覧。
  5. ^ eponymous”. 会津大学. 2019年6月15日閲覧。
  6. ^ a b c eponym”. 会津大学. 2019年6月15日閲覧。
  7. ^ a b 上野誠治 (2013年3月31日). “翻訳と解説形態論 : 語構造の分析 2”. 北海学園大学. 2019年6月15日閲覧。
  8. ^ a b c d 鶴岡森昭 (2005年). “エポニムの知名度調査の学校間比較 : 高校物理を事例として”. 物理教育. 2019年6月15日閲覧。
  9. ^ a b Eponyms”. オーストラリア国立大学 (2010年10月19日). 2019年6月15日閲覧。
  10. ^ Chapter 1 細胞とDNA”. 講談社サイエンティフィク. 2019年6月15日閲覧。
  11. ^ Khalid Al Aboud. “SIMILAR NAMES AND TERMS IN DERMATOLOGY; AN APPRAISAL”. Our Dermatology Online journal. 2019年6月15日閲覧。
  12. ^ Deep in Thought”. ニューヨーク・タイムズ (2016年7月28日). 2019年6月15日閲覧。
  13. ^ JEFF GRANT. “An Epiphany of Eponyms”. CORE. 2019年6月15日閲覧。
  14. ^ a b Borja Mora (2010年9月13日). “Medical Eponyms - Time for a Name Change”. JAMA Network. 2019年6月15日閲覧。
  15. ^ a b c d 青木仕 (1988年7月16日). “医学におけるエポニミー現象に関する研究 症候群の分析”. 医学図書館. 2019年6月15日閲覧。
  16. ^ サトウタツヤ. “スキナーとそのお墓:あるいは冠名現象としてのスキナー箱”. 公益社団法人日本心理学会. 2019年6月15日閲覧。
  17. ^ 田中芳文 (2017年4月12日). “現代アメリカ英語の諸相 : 医療現場の英語表現を探る”. 島根大学外国語教育センター. 2019年6月15日閲覧。
  18. ^ a b 大谷卓史 (2011年3月31日). “著作権の哲学 - 著作権の倫理学的正当化とその知的財産権政策への含意”. 吉備国際大学. 2019年6月15日閲覧。
  19. ^ 生物学とは何か”. 玉川学園. 2019年6月15日閲覧。
  20. ^ 青木仕. “看護学分野におけるエポニミー現象の分析”. 医学情報サービス研究大会. 2019年6月15日閲覧。
  21. ^ 加野芳正 (2019年3月). “日本学術会議 中国・四国地区ニュース”. 日本学術会議. 2019年6月15日閲覧。
  22. ^ 村上陽一郎. “「21世紀における科学技術と人間社会のあり方」”. 福島県. 2019年6月15日閲覧。
  23. ^ 村上陽一郎 (2002年7月). “ノーベル賞と科学研究における褒賞制度”. 学術の動向. 2019年6月15日閲覧。
  24. ^ 村上陽一郎 (2001年). “科学技術と今後の課題”. 東洋学術研究. 2019年6月15日閲覧。
  25. ^ エポニミー効果 デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2019年6月15日閲覧。
  26. ^ 現代人のカタカナ語辞典 エポニミー効果”. イミダス. 2019年6月15日閲覧。
  27. ^ a b c イギリスの貴族の名前がついた運動の名は? 東大王・伊沢拓司の最強クイズ”. KADOKAWA (2019年3月2日). 2019年6月15日閲覧。
  28. ^ アマトリチャーナ、食べて応援 イタリア地震、被災の町由来のパスタ 内外で広がる”. 朝日新聞 (2016年8月27日). 2019年6月15日閲覧。
  29. ^ 日本酒・本格焼酎・泡盛 銘柄コレクションの解説 綾杉”. コトバンク. 2019年6月15日閲覧。
  30. ^ 冬は酒蔵めぐりで温かくなろう”. 福岡市 (2017年1月12日). 2019年6月15日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h 猪浦道夫. “人名の普通名詞化(eponym)”. DHC総合教育研究所. 2019年6月15日閲覧。
  32. ^ オープンキャンパス 模擬授業スケジュール”. 東洋英和女学院大学. 2019年6月15日閲覧。
  33. ^ 曽田豊二 (1997年9月10日). “九州大学医学部の誕生と関連医史学資料について”. 日本医史学会. 2019年6月15日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集