名色(みょうしき)とは、パーリ語およびサンスクリット語Nāmarūpa(ナーマルーパ)に由来し、名前(nāma,ナーマ, 名)+姿(rūpa,ルーパ,)による熟語である。

仏教用語
名色, ナーマルーパ
サンスクリット語 Nāmarūpa
チベット語 ཎམརུཔ་ ming.gzugs
ビルマ語 နာမရူပ
(IPA: [nàma̰jùpa̰])
中国語 名色
(拼音míngsè)
日本語 名色
(ローマ字: myōshiki)
韓国語 명색
(RR: myeongsaek)
シンハラ語 නාමරූප
ベトナム語 danh sắc
テンプレートを表示

仏教において編集

  十二因縁  
無明(無知)
名色
六処
(存在)
(誕生)
老死(老いと死)
 

仏教においては人の構成過程を示すために用いられており、ナーマは人の心理的要素を、ルーパは身体的要素を指す。仏教においては、ナーマとルーパは互いに依存関係にあり、切り離すことができないとする。そのためナーマルーパは個人を指すものである[1]。また名色は五蘊の一つとして挙げられ、「心理物質的な生物」「心と体」「精神的なものと物質的なもの」とされる。

心理生物的な構成物編集

パーリ経典では、釈迦は名色を以下と述べている。

Katamañca bhikkhave nāmarūpaṃ? Vedanā saññā cetanā phasso manasikāro, idaṃ vuccati nāmaṃ. Cattāro ca mahābhūtā, catunnaṃ ca mahābhūtānaṃ upādāyarūpaṃ, idaṃ vuccati rūpaṃ. Iti idañ ca nāmaṃ, idañ ca rūpaṃ, idaṃ vuccati bhikkhave, nāmarūpaṃ

比丘たちよ、名色とは何か? 感情(ヴェダナー)、認識(サンニャー)、意思(チェータナー)、接触(パッサ)、作意(マナシカーラ)、これらを名(ナーマ)と呼ぶ。
四大要素と、四大要素に依存するもの、これらを色(ルーパ)と呼ぶ。
このナーマとルーパを名色と呼ぶ。

パーリ仏典, Vibhańgasuttaṃ 1.1.2, Sri Lanka Tripitaka Project

パーリ経典の場所によっては、名色は五蘊を指すものとして使われている[2]

繰り返す苦の一つとして編集

名色は十二因縁の4番目を構成し、(ヴィニャーナ)に続くものであり、後の六処の原因となる。

スッタニパータでは、釈迦はどのように名色を停止するかについて、学徒アジタに説いている。

「では名色(Nāmarūpa)は、いかなる場合に停止するのですか? おたずねしますが、このことをわたしに説いてください。」
「アジタよ。そなたが質問したことを、わたしはそなたに語ろう、名色が停止する所を。
 (viññāṇa)が滅することによって、ここに(名色が)停止する。」

脚注編集

  1. ^ For example, Rhys Davids & Stede (1921-25), p. 350, entry for "Nāma" (retrieved 2007-06-20), states:
    "nāma as metaphysical term is opposed to rūpa, & comprises the 4 immaterial factors of an individual (arūpino khandhā, viz. vedanā saññā sankhāra viññāṇa...). These as the noëtic principle comb[ine]d with the material principle make up the individual as it is distinguished by 'name & body' from other individuals. Thus nāmarūpa= individuality, individual being. These two are inseparable...."
  2. ^ Rhys Davids & Stede, op cit.

参考文献編集

関連項目編集