メインメニューを開く

名誉校長(めいよこうちょう)は、学校において名誉職として置かれる校長職。或いは学校の発展に貢献した者などに対して、退任時に授与される栄誉職または称号。著名人を任命する例もある。名誉学校長とも。類似の役職・称号に名誉副校長、関連するものとして名誉教頭がある(いずれも本項で解説)。

名誉校長編集

小中高等学校における名誉校長編集

日本では私立学校、専修学校において任命例がみられる他、中国の各種学校においてや学校当局から親善を目的に称号として贈呈されることもある。具体例としては、ノーベル賞を受賞した物理学者東京大学特別栄誉教授小柴昌俊2003年5月に、地元の杉並区立桃井第五小学校から名誉校長の称号を贈呈されている例がある[1]

その他の名誉校長編集

また、学校など教育機関以外の民間講座等でも、象徴的な役割或いは広告塔として推戴されることがある。いわゆる教育機関以外の学校の事例としては、2006年4月に、読売ジャイアンツ終身名誉監督長嶋茂雄が青少年向けの野球塾「ジャイアンツ・ジュニア・ベースボール・アカデミー」の名誉校長に就任しているほか[2]コメディアン坂上二郎が生前、栃木県那須塩原市にあった那須お笑い学校の名誉校長を務めていた例などがある[3]

名誉副校長編集

専修学校における名誉副校長編集

愛知県名古屋市にある専修学校 名古屋製菓専門学校では、「平成23年度あいちの名工」にも選ばれた工藤勝二が名誉副校長として生徒の教育指導にあたっている[4]

名誉教頭編集

戦前の高等予備校における名誉教頭編集

太平洋戦争以前の日本で置かれた教育者の名誉職の一つ。1914年大正14年)、東京都神田神保町に東亜高等予備校が設立された際、松本亀次郎が名誉教頭に任ぜられたのはその例である[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「やればできる 小柴さんが 祝辞 東京・杉並の桃井第五小卒業式で」『読売新聞』2003年3月26日東京朝刊32頁参照。
  2. ^ 「巨人野球塾 長嶋氏、名誉校長に」『読売新聞』2006年1月1日東京朝刊23頁参照。
  3. ^ 「坂上二郎さん 死去:「優しさ好きだった」「那須お笑い学校名誉校長」栃木」『毎日新聞2011年3月11日地方版/栃木25頁参照。
  4. ^ 名古屋製菓専門学校ウェブサイト「プロ講師の徹底指導」参照。
  5. ^ 武田勝彦『松本亀次郎の生涯:周恩来、魯迅の師』(早稲田大学出版部1995年)251頁、252頁及び264頁参照。

参考文献編集

文献資料編集

  • 武田勝彦著『松本亀次郎の生涯:周恩来、魯迅の師』(早稲田大学出版部、1995年) ISBN 4657959379

報道資料編集

  • 『読売新聞』2003年3月26日東京朝刊
  • 『読売新聞』2006年1月1日東京朝刊
  • 『毎日新聞』2011年3月11日地方版/栃木

インターネット資料編集

関連項目編集