名誉理事長

名誉理事長(めいよりじちょう)とは、学会或いは学校法人連盟において定められる栄誉職或いは称号名誉役員の職名の一つ。類似の称号として名誉副理事長、名誉理事がある(名誉副理事長は本項で解説)。

目次

名誉理事長編集

学術団体・教育機関における名誉理事長編集

大学のほか、学術分野、医学分野の研究所や学会等に称号設置例が多く、国際健診学会で2014年まで理事長を務めた聖路加国際病院名誉院長日野原重明が退任後、名誉理事長の称号を贈られたのはその例である[1]教育機関では、埼玉医科大学が名誉理事長の職を設置していた[2]。その他、ノーベル賞受賞者でもある大村智北里研究所及び女子美術大学の2機関で名誉理事長に就任していることも顕著な事例の一つといえる[3]

文化施設等における名誉理事長編集

その他、財団経営者の名誉役員職として名誉理事長を置く例がある。一例として、岡山県倉敷市にある大原美術館では大原總一郎の長男 、大原孫三郎の孫にあたる大原謙一郎が理事長を務めていたが、2016年7月1日付けで名誉理事長に退き、後任理事長に専務理事の大原あかねが就任している[4]

公益法人等における名誉理事長編集

また、観光協会等では観光PRのイメージキャラクターとして芸能人著名人に名誉理事長を委嘱することがある。一例として、2016年5月17日東京都渋谷区にある渋谷区観光協会が俳優別所哲也を名誉理事長に委嘱したのは主な例である[5]

名誉理事長を設けている団体編集

学会編集

大学編集

社団法人編集

財団法人編集

その他編集

名誉副理事長編集

なお、社団・財団の中では名誉理事長に次ぐ地位として名誉副理事長を置く法人・団体もある。国際的な人物としては、米国の環境保護団体シエラ・クラブの初代専務理事で名誉副理事長を務めるデビッド・ブラウアーは世界各国に地球の友という環境保護のネットワーク組織を結成。世界の各国の環境問題に関する講演やシンポジウムで自然保護の重要性を説くなど、環境保護における象徴的な存在の一人となっている[6]。 日本では上野学園学園長である石橋裕が社団法人日英協会名誉副理事長に就いていることや、株式会社サタケ代表取締役社長の佐竹利子が中国中国糧油学会の名誉副理事長に就任していることなどがその例である[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「(105歳 私の証・あるがまま行く)台湾からの帰りの機中で一句 日野原重明」『朝日新聞』2016年12月3日朝刊週末be・b09版9頁参照。
  2. ^ 「訃報:丸木清浩さん 77歳=埼玉県議会副議長、埼玉医科大名誉理事長/埼玉」『毎日新聞』2016年11月27日地方版/埼玉27頁参照。
  3. ^ 北里大学ウェブサイト「大村智名誉理事長による挨拶」、女子美術大学ウェブサイト「女子美術大学名誉理事長 大村 智 先生が ノーベル生理学・医学賞を受賞されました」参照。
  4. ^ 「大原あかね氏 新理事長 就任 大原美術館/岡山県」『朝日新聞』2016年7月6日岡山全県・1地方版28頁参照。
  5. ^ シブヤ経済新聞ウェブサイト「別所哲也さん、渋谷区観光協会の名誉理事長に インバウンド対応でエンタメ強化へ」参照。
  6. ^ 「[顔]長良川河口堰計画の見直しを訴えて来日 デビッド・ブラウアーさん」『読売新聞1992年10月3日東京朝刊13頁参照。
  7. ^ 上野学園大学ウェブサイト「名誉学長メッセージ」、サタケウェブサイト「サタケ代表 中国糧油学会の名誉副理事長に就任」参照。

参照文献編集

報道資料編集

  • 『朝日新聞』2016年7月6日岡山全県・1地方版
  • 『朝日新聞』2016年12月3日朝刊週末be・b09版
  • 『毎日新聞』2016年11月27日地方版/埼玉
  • 『読売新聞』1992年10月3日東京朝刊

インターネット資料編集

関連項目編集