名誉総長

名誉総長(めいよそうちょう)は、大学をはじめとする学術機関又は病院などの医療機関などにおいて、その発展に貢献した者などに対して、退任時に授与される栄誉職または称号。国の栄誉称号および民間の名誉称号の一種。類似する職名・称号として名誉副総長、名誉事務総長がある(本項で解説)。

目次

名誉事務総長編集

国際的な団体における名誉事務総長編集

類似する職名として、国際港湾協会では名誉事務総長の職名・称号を定めており、日本政策研究大学院大学客員教授の井上聰史が任命されている[1]

名誉総長編集

国立医療機関の名誉総長編集

国立の医療機関では、昭和39年(1964年)に厚生省令として制定された国立高度専門医療センター名誉総長等の称号の授与に関する省令に基づき、厚生大臣に国立高度専門医療センターに総長、病院長又は研究所長として、国立ハンセン病療養所に所長として多年勤務した者のうち、国立高度専門医療センター又は国立ハンセン病療養所の運営について功績のあったものに対して名誉総長或いは名誉院長名誉所長の称号を贈ることができるとしている。今日では、厚生省の厚生労働省への移行に伴い、随時改正され、平成16年3月31日厚生労働省令第77号として厚生労働大臣により授与されることとなっている[2]国立循環器病研究センターでも名誉総長の称号授与が行われている[3]

主な受称者編集

私立大学の名誉総長編集

主に学長総長と称する私立大学では、総長として大学の発展に貢献した者に退任時に名誉総長の栄誉職或いは称号を贈ることがある。また、名誉職として大学の正式な総長とは別にゆかりある人物を推戴することがある。早稲田大学日本大学京都外国語大学広島工業大学立命館大学道都大学拓殖大学などに見られる。

名誉副総長編集

英国王立大学における名誉副総長編集

英国銀行家で、著述家、同国下院議員を務めた第4代エイヴベリー準男爵ジョン・ラボックロンドン大学名誉副総長に就任していた[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 政策研究大学院大学ウェブサイト「教員・所属研究者情報 井上聰史」参照。
  2. ^ 国立高度専門医療センター名誉総長等の称号の授与に関する省令参照。
  3. ^ 「健康を考える 脳卒中 国立循環器病研究センター・山口武典名誉総長に聞く」『毎日新聞2011年5月26日大阪朝刊15頁、「〔幸せランチ〕 国立循環器病医療センター名誉総長 橋本信夫さん」『読売新聞2016年4月14日大阪夕刊2頁参照。
  4. ^ 日外アソシエーツ編集部編『20世紀西洋人名事典2.ハ~ワ』(日外アソシエーツ、1995年)1964頁参照。

参照文献編集

文献資料編集

  • 日外アソシエーツ編集部編『20世紀西洋人名事典2.ハ~ワ』(日外アソシエーツ、1995年)ISBN 4816912711

報道資料編集

  • 『毎日新聞』2011年5月26日大阪朝刊
  • 『読売新聞』2016年4月14日大阪夕刊

外部リンク編集

関連項目編集