名誉除隊(めいよじょたい、:honorable discharge)とは米国軍人軍隊を退役する除隊の形態のひとつである。対義語は不名誉除隊[1]

概要編集

アメリカ軍では、軍人としての勤務成績が概ね良好で、軍法会議または民事訴訟などの対象にならなかった場合に、退役時に、名誉除隊証書が交付される[1]。士官でなければ志願制なので、3年以上の軍歴を有する名誉除隊者には「善行章」(en:Good Conduct Medal)も授与される。

除隊後の福利厚生社会保障年金をカバーするG.I. Billにおいて普通除隊よりも上乗せがあり、職業訓練や大学進学などの援助などの保障制度も手厚くなっている。また民間でもローンの金利優遇、手数料無しでワンランク上のクレジットカードへ変更などの優待プログラムを用意する会社も多い。

アメリカ社会では軍歴が重視されるため、名誉除隊の資格の社会的認知は高く、名誉除隊となった際に交付される「名誉除隊証書」は州によっては公務員(警察官・保安官補・消防職員)や名誉職になるための必要条件や優遇条件(採用試験の簡略化)になっていたり、市民権審査で優遇される[2]など、再就職やその後の人生に影響を及ぼすケースも少なくない。名誉除隊の資格の有無はアメリカ社会においては重要なものとなっており、試験などを通じて取得するものではないが、事実上は国家による資格のひとつとなっている[3]

脚注編集

  1. ^ a b 松村明大辞泉【第二版】下巻』(小学館2012年) 3564頁参照。
  2. ^ 市民権がなくとも永住権があれば志願できる。入隊時に市民権申請が可能になり(認められるかは別)、名誉除隊になる人物であれば在籍中の申請で通ることが多い。
  3. ^ 名誉除隊の制度については、加藤喬『名誉除隊』(並木書房2005年)に詳しい。

参照文献編集

  • 加藤喬著『名誉除隊』(並木書房、2005年)ISBN 4890631941
  • 松村明編『大辞泉【第二版】下巻』(小学館、2012年) ISBN 4095012137

関連項目編集