名越 稔洋(なごし としひろ、1965年6月17日 - )は、日本ゲームクリエイター株式会社セガ所属。山口県下関市出身。

略歴編集

東京造形大学映画学科卒業後、1989年セガへ入社[1]。AM2研の鈴木裕が手掛ける『G-LOC』や『バーチャレーシング』、『バーチャファイター』などの作品にCGデザイナーとして参加する[2]

1994年発売の『デイトナUSA』を初プロデュース作品として、ディレクターとしてゲーム制作を手掛ける立場に回る。この作品はドライブゲーム史上に残る大ヒットとなり、一躍トップクリエイターの仲間入りを果たす。

1998年にAM11研部長就任、2000年7月1日にはセガ開発チームの分社化・子会社化に伴い設立された株式会社アミューズメントヴィジョンの代表取締役に就任。

2004年7月1日に同社がセガに再統合されるに伴い、セガR&Dクリエイティブオフィサーを肩書きとした[3]

2011年8月31日にセガ第一CS研究開発部(後のセガゲームス第一CS研究開発部)内に制作チーム「龍が如くスタジオ」を設立。セガ取締役CCO(Chief Creative Officer)開発統括本部長[4]、セガの子会社である株式会社インデックス(後の株式会社アトラス)取締役[5]を経て、2015年4月1日に実施されたセガグループ再編に伴い、株式会社セガゲームス取締役兼開発統括本部統括本部長並びに株式会社セガ・インタラクティブ取締役CPO兼開発生産統括本部統括本部長に就任し、セガゲームス並びにセガ・インタラクティブの研究開発部門を統括していた[6]

2020年4月1日にセガゲームスとセガ・インタラクティブの再統合に伴い、取締役CCO[7]に降格した。

2021年4月1日、役員の肩書きを失いクリエイティブ・ディレクターに降格[8]

クリエイターとしては、大型の筐体を用いた「体感ゲーム」の制作のほか、セガがサードパーティー体制に移行した際にもいち早く積極的な動きを見せ、各社とのコラボレーションなどを行い、また自身が深く関わった家庭用作品『龍が如く』シリーズが国内を中心に全世界で1,400万本以上の出荷本数を達成[9]、『モンキーボール』シリーズが全世界出荷400万本を突破[10]するなど、多岐にわたる手腕を見せている。

関連作品編集

アーケード作品編集

コンシューマ作品編集

アニメ作品編集

著作編集

  • 名越武芸帖 - マイクロデザイン社「ゲーム批評」誌上コラムの単行本化

備考編集

  • 東京造形大学映画学科卒業後は映画業界への就職を目指していたが、当時は日本映画界が不振で映画業界の就職先が全くなく、「クリエイティブな仕事がしたい」との一心でセガに入社した。入社当初、コンピュータは未経験でかつゲーム用語が全くと言っていいほど理解できず、ゲームの表現手法が3DCGが主流になる前には何度も退社を考えていたが、『バーチャレーシング』発売と同時期に、ゲームの表現手法が名越が大学で学んだ映像の知識が生かせる3DCGが主流となったことから、セガに残留することを決意したという[6]
  • 映画『龍が如く 劇場版』や、テレビドラマ『クロヒョウ 龍が如く新章』、『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』にカメオ出演している。また、湘南乃風の「バブル」のMVにゲスト出演している。
  • ゲームクリエイターらしからぬ風貌で、褐色の肌に、センター街を闊歩する若者のようなファッションをしている[12]。その風体は、『龍が如く』の取材で実際に夜の歓楽街を見て周り、その時出来た呑み仲間に影響を受けているとのこと。最近では『龍が如く 見参!』の発表会に着流しで登場、また「日焼けサロンは週に1度」[13]等の発言をしている。しかし、中裕司によれば中がセガにいた時代はよく銀座に飲みに行っていたがあるところから歌舞伎町に移ったと発言している[14]。酒類の中では焼酎が好みらしい[15]。 
  • 一時期iMacを使用しており、『ドキばぐ』で知り合った柴田亜美が購入したiMacを取り付けた事がある[16]
  • 『ドキばぐ』の作中内で、東京ゲームショウ一般日で柴田と担当だったチップス小沢と一緒に他社のブースを視察する際に「鉄拳コスプレイヤーの腕の1本や2本をへし折ってやる」と発言した事がある[16]
  • 2020年7月28日配信のウェブ番組『セガなま』の「名越が生で訊く!」というコーナーにて『ぷよぷよ』のeスポーツ化について取り扱った際、ぷよぷよプレイヤーに対して「チーズ牛丼食ってそうな感じ」[注釈 1]とコメント。セガのYouTube公式チャンネルは、不快に感じる表現があったとして謝罪し、同日配信のアーカイブを削除。29日に該当部分を削除した動画を再投稿[17][18][19]し、翌月の番組の冒頭で名越本人も謝罪した[20]。隣で笑っていた同番組MCの椿彩奈もTwitter上で謝罪している[21]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 多くの場合、人の見た目を揶揄するようなときに用られるネットスラング。詳細はチーズ牛丼 (ネットスラング)を参照。

出典編集

  1. ^ 「名越稔洋氏緊急出演。『龍』を語る」『CONTINUE Vol.28』、太田出版、2006年6月29日、 53頁、 ISBN 4-7783-1024-1
  2. ^ http://tsutaya.tsite.jp/artist/PPS00007FVPW
  3. ^ 当社ならびに当社子会社(株式会社セガ、サミー株式会社)の組織変更および人事異動に関するお知らせ
  4. ^ 当社ならびに当社主要子会社(株式会社セガ、サミー株式会社)の経営体制について
  5. ^ 会社情報株式会社インデックス(2013年12月15日のキャッシュ)
  6. ^ a b 【前編】『ゲーム業界に入ったことは、一種の挫折でしかなかった』セガゲームス/セガ・インタラクティブ 名越 稔洋さん”. VILLAGE CAFE (2015年5月18日). 2015年5月18日閲覧。
  7. ^ エンタテインメントコンテンツ事業における組織再編に伴う連結子会社間の合併及び一部連結子会社の商号変更に関するお知らせ (PDF)”. セガサミーホールディングス (2019年12月24日). 2021年1月29日閲覧。
  8. ^ 代表取締役の役職変更ならびに役員の異動に関するお知らせ (PDF)”. セガサミーホールディングス (2021年1月29日). 2021年1月29日閲覧。
  9. ^ 『龍が如く』シリーズ15周年記念のコラボアイテムが登場!桐生一馬と春日一番をイメージした香水の予約を受付中!”. セガ 製品情報サイト (2020年10月29日). 2021年1月30日閲覧。
  10. ^ かわいいおサルの大快挙!! 『スーパーモンキーボール』シリーズが世界累計出荷本数400万本を達成!”. ファミ通.com (2006年12月8日). 2016年9月28日閲覧。
  11. ^ メガドラ迷作『レンタヒーロー』がまさかの舞台化!…ていうかナゼこれを舞台化しようと? 重度のセガマニアな劇団主宰が語る作品への“偏った愛”【舞台化希望タイトル募集!】
  12. ^ 5日間連続! 著名クリエーターが洋ゲーを語る! 第1回目は名越稔洋氏”. ファミ通.com (2007年4月2日). 2016年9月28日閲覧。
  13. ^ ファミ通」 2007年9月21日 979号より
  14. ^ ヴァフィーヨン原のtwiitter2018年6月28日の投稿” (日本語). Twitter. 2021年4月13日閲覧。
  15. ^ ニコニコ動画「なごなま 〜ゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜」第3回より
  16. ^ a b 『ジャングル少年ジャン番外編 ドッキンばぐばぐアニマル』3巻[要ページ番号]
  17. ^ セガ、名越氏の「チー牛」発言を謝罪。ぷよぷよゲーマーなどが怒る”. ゲームメモ (2020年7月30日). 2020年7月30日閲覧。
  18. ^ #セガなま 7月28日放送 - YouTube
  19. ^ “セガ取締役「チーズ牛丼食ってそう」 ぷよぷよゲーマーの外見揶揄かと物議→謝罪”. J-CASTニュース. (2020年7月30日). https://www.j-cast.com/2020/07/30391160.html?p=all 2020年7月30日閲覧。 
  20. ^ #セガなま 8月25日放送 - YouTube
  21. ^ 椿彩奈 [@ayanatsubaki] (31 July 2020). "不快に思われた皆さま、申し訳ありませんでした。" (ツイート). Twitterより2020年7月31日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集