名鉄バス津島営業所

座標: 北緯35度9分36.9秒 東経136度47分2.2秒

津島営業所(2016年8月)

名鉄バス津島営業所(めいてつバスつしまえいぎょうしょ)は、愛知県津島市大坪町にある名鉄バスの営業所。所属略号は

概説編集

最寄りバス停名が「大坪」であることから、大坪車庫とも呼ばれる。

利用者のための駐車場、駐輪場が設けられている。

他の営業所よりも敷地面積が広い利点を活かし、教習コースが設けられており、新人運転士の訓練などに使用される。

また、他社へ譲渡する車両が留置されることもある。

所在地編集

  • 愛知県津島市大坪町字大割65

沿革編集

現在の所管路線編集

津島市からあま市を経て、名古屋市を結ぶ名古屋・津島線・岩塚線と東名阪自動車道を経由する名古屋長島温泉線の3路線を運行している。

名古屋・津島線編集

  • 【40】オアシス21)- 笹島町 - 中村区役所 - 中村公園 - 稲葉地町 - 大治西条 - 安松 - 大坪(営業所)
  • 【41】名鉄バスセンター - 笹島町 - 中村区役所 - 中村公園 - 稲葉地町 - 大治西条 - 安松 - 大坪(営業所)
  • 【43】栄(オアシス21) - 笹島町 - 中村区役所 - 中村公園 - 稲葉地町 - 大治西条 - 安松 - 東神守 - 下切 - 津島駅
  • 【44】名鉄バスセンター - 笹島町 - 中村区役所 - 中村公園 - 稲葉地町 - 大治西条 - 安松 - 東神守 - 下切 - 津島駅
  • 【45】大坪(営業所)- 東神守 - 下切 - 津島駅

栄・名鉄バスセンターから愛知県道68号名古屋津島線をひたすら西へ走る系統である。安松経由と案内される事が多い。

大正橋西〜あま七宝庁舎前付近までは旧道を経由する。

以前は津島よりさらに西北に向かい、木曽川岸、東海大橋の袂にある給父(愛西市、旧八開村)まで達する系統であった。

栄乗り入れは2001年6月からで、栄〜大坪(現行の【40】にあたる)より運行開始、当初は、笹島町→名古屋観光ホテル→錦通本町→栄→東桜通→長者町→名古屋観光ホテル→笹島町という循環運行で、栄では大津通にある基幹バス北行き停に停車していた。

2002年10月にはオアシス21が開業し乗り入れを開始、上下とも錦通本町経由となり東桜通と長者町は経由しなくなった。

2003年3月より栄〜津島(現行の【43】)運行開始、更に名古屋市交通局との共同運行となり、広小路通愛知県道60号名古屋長久手線)経由に変更し大治西条までのバス停を市バスに揃えた。

栄 ・名鉄バスセンター - 大治西条間は、名古屋市営バスとの共同運行区間。ただし、料金支払い方式や乗降方式、バス停のポール(隣接して置いてはあるが)、時刻表は両社局別々である。栄が起終点となるものは方向幕の色のみ市バス側(栄発着路線である、紫色)に合わせていた(書体は両社局異なる)が、近年はLED化が進み、方向幕の色つきの車両は現在在籍なし[1]

日中の運行本数は栄発着が毎時2本程度、名鉄バスセンター発着が毎時2本程度であり、津島駅発着と大坪発着が約半数ずつ運行されている。市バスは名古屋駅発着のほかに途中の中村公園発着もあり栄発着の市バスは大治西条へは行かない)、平日朝はかなりの本数となる[2]

栄 - 笹島町 - 中村公園は北へ迂回する地下鉄とは異なりショートカットしているが、所要時間は地下鉄より長い。また名鉄バスセンターへの出入口が名鉄名古屋駅や笹島交差点より南側にあるため、迂回経路とならない市バスよりも所要時間が若干長くなっている。

岩塚線編集

  • 【51】名鉄バスセンター - 六反 - 地下鉄岩塚 - 岩塚本通5丁目 - 千音寺 - 鷹居 - 大坪(営業所)
  • 【54】名鉄バスセンター - 六反 - 地下鉄岩塚 - 岩塚本通5丁目 - 千音寺 - 鷹居 - 百町 - 愛宕 - 津島駅
  • 【55】大坪(営業所) - 百町 - 愛宕 - 津島駅

名駅通を南下し大須通を右折、黄金陸橋から佐屋街道をなぞるように愛知県道115号津島七宝名古屋線114号津島蟹江線を通り津島に向かう系統で、安松経由に対しこちらは岩塚経由と案内される。名古屋・津島線より本数は少なく、日中は両系統合わせて毎時2本程度の運行である。岩塚線に市バスとの共通乗車制度はないが、名古屋市内区間(名鉄バスセンター〜新家)は市バスに揃えた運賃設定となっている。また、栄発着便はない。

過去には現在の黄金陸橋ではなくもう少し南の長良橋経由であった。

名古屋長島温泉線編集

大倉団地、姫御前団地、フェニックス団地、横満蔵、松中、長島海岸の各バス停は三重交通担当便のみ停車して名鉄バスは停車しない。

2015年頃までの名鉄バス担当便は当営業所と名古屋営業所春日井営業所により共同で運行されていた。

なお、この路線は他の路線とは異なり、観光バスタイプ車両で運行される。

その他の所管路線編集

このほかに、地下鉄本陣駅 - 名古屋競輪の特定輸送と三菱重工小牧南工場の特定輸送や津島市巡回バス「ふれあいバス」、あま市巡回バスの運行受託も行っている。

廃止路線編集

  • 津島 - 永和荘前 - 富吉
  • 富吉 - 永和団地
  • 津島 - 日光 - 鹿伏兎 - 富吉
  • 津島 - 西川端 - 給父・地泉院前
  • 津島 - 早尾 - 給父
  • 津島 - 早尾 - 東海大橋 - 須脇(津島・お千代保稲荷線 岐阜バスと共同運行) 
  • 津島 - 立田役場
  • 津島 - 佐屋駅 - 長島温泉(津島・長島線 季節運行)
  • 津島 - 東神守 - 尾張温泉東海ヘルスセンター
  • 津島 - 鹿伏兎 - 尾張温泉東海ヘルスセンター
  • 名鉄バスセンター - 安松 - 伊福神社前 - 尾張温泉東海ヘルスセンター
  • 尾張温泉東海ヘルスセンター → 蟹江駅前 → 近鉄蟹江駅前 → 尾張温泉東海ヘルスセンター
  • 名鉄バスセンター - 安松 - 新下田
  • 津島 - 東神守 - 新下田

車両編集

   
「しらさぎ」と正面に表示されたバス
基幹バスからの転用車 1706

当営業所では唯一バイオディーゼル車を5台運行している。

当営業所は、名鉄バスの営業所の中では、唯一、中型車が所属していない。

2019年6月1日現在

その他編集

当営業所の路線バスも、一宮営業所と同様、車内アナウンスが、名古屋営業所名古屋中央営業所と同じ声に変更されている。また、当営業所も基幹バスと同様、運賃液晶式ディスプレイが導入されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、2018年以降に導入されているフルカラーLED車は、部分的にカラー表示が可能。
  2. ^ 2019年10月1日現在の稲葉地町東行き停留所を例にとると栄行きが7時台3本、8時台2本、名鉄バスセンター行きが7時台8本、8時台7本である。名古屋市交通局の栄行きが7時台5本、8時台4本中村公園行きが7時台10本、8時台7本であり、両社局足すと7時台26本、8時台20本である。