メインメニューを開く

名鉄東宝(めいてつとうほう)は、かつて名古屋市中村区名駅の「名鉄メルサ」(現・名鉄百貨店本店メンズ館)6階にあった東宝系の映画館。

名鉄東宝
Meitetsu Toho
Meitetsu-melsa-Buil.jpg
名鉄メルサ(名鉄バスターミナルビル 現・名鉄百貨店メンズ館)。同ビルの6階に名鉄東宝があった。
情報
正式名称 名鉄東宝1・2
旧名称 名鉄東宝
完成 1967年
開館 1967年6月
閉館 2006年2月24日
最終公演 THE 有頂天ホテル(名鉄東宝1)
タイタニック(名鉄東宝2)
収容人員 (2館合計)686人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS(両館共通)、SDDS(1のみ)
用途 映画上映
運営 中部東宝株式会社
所在地 450-0002
名古屋市中村区名駅1-2-4
名鉄バスターミナルビル6階
アクセス 近鉄名古屋駅から徒歩約2分
名鉄名古屋駅から徒歩約3分
JR名古屋臨海高速鉄道地下鉄名古屋駅から徒歩3 - 10分
(いずれも地下街と直結)

歴史編集

1967年(昭和42年)6月、名鉄メルサの開業と共にオープン。初上映作品は『風と共に去りぬ』。座席数は1,034席と、当時は愛知県内最大級の映画館だった。常に洋画の大作・話題作を中心に上映し、『スター・ウォーズ』『エイリアン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ジュラシック・パーク』『タイタニック』など数々のヒット作を上映した。

1998年(平成10年)7月11日、2館体制に分割してリニューアルオープン。名宝会館閉館後は東宝の邦画も上映していたものの、1995年に開館したワーナー・マイカル・シネマズ桑名以降、近隣に続々とシネコンが誕生し、客足を奪われ最盛期の半分程度まで動員が落ち込んだ。2007年にミッドランドスクエアシネマが開館することが止めとなり[1]、メルサのメンズ館への改装するタイミングで閉館を決定。2006年(平成18年)2月24日の『THE 有頂天ホテル』の上映をもって39年の歴史に幕を閉じた。

各館の特徴編集

※館名と座席数は閉館時のもの。

名鉄東宝1編集

名鉄東宝2編集

  • 定員146人。1998年(平成10年)に2階席を分割してオープン。

サラウンドEXDTSは両館とも、SDDSは1のみ対応していた。

脚注編集

  1. ^ 名鉄東宝、24日閉館 シネコン進出で客足遠のき……”. 読売新聞 (2006年2月7日). 2011年9月13日閲覧。

関連項目編集

かつて名古屋市内に存在した東宝系の映画館

外部リンク編集