向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜

向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜』(むかいあらたのどうぶつにっき 〜あいけんロシナンテのさいなん〜)は、2001年1月13日から3月17日日本テレビで放送されたテレビドラマ

目次

概要編集

大学の獣医学部を舞台に描かれる、学生や教授らといった濃い人間たちと動物達の起こす大騒動を描く、青春ドラマ。なお、作中では動物の死が話数毎に描かれているが、これに関しては動物の命を預かる場で、動物の死という現実に直面する主人公達の姿をロシナンテの目線でおかしくも儚く描くとしている(サントラCD解説書の記述より)。

ストーリー編集

八王子大学獣医学部の学生、向井荒太は保健所に処分される寸前の成犬を引き取る。荒太は浦島教授の元で様々なペットと飼い主の境遇から、人間と動物の関係に苦悩しつつ獣医を目指すことの意味さえも考えるようになる。荒太と愛犬ロシナンテの前にいかなる災難が待ち構えているのだろうか。

出演編集

最後の回では堂本光一中澤裕子が特別ゲスト出演をした。また最終話でのエンディング中のおまけで松本潤が登場した(金田一一役のバトンタッチとして)。

スタッフ編集

サブタイトル編集

各話 放送日 タイトル 視聴率
第1話 2001年1月13日 ペットホテル開業99匹大脱走!! 18.4%
第2話 2001年1月20日 空飛ぶオウムが死んだ 16.9%
第3話 2001年1月27日 猛牛大騒動!!命の誕生 14.8%
第4話 2001年2月3日 獣医の条件…恋のために僕は走る 16.1%
第5話 2001年2月10日 露天風呂温泉合宿!!野生猿の叫び 16.5%
第6話 2001年2月17日 教授の不倫愛発覚!!競走馬の宿命 12.6%
第7話 2001年2月24日 猫に乗っ取られた家老母との再会 14.2%
第8話 2001年3月3日 さよならロシナンテ死にゆく運命 13.4%
第9話 2001年3月10日 東京-山梨死の99キロ愛犬は走る! 12.2%
最終話 2001年3月17日 車イスの獣医?愛犬よ永遠に… 17.2%
平均視聴率15.32%

余談編集

  • 本作の正式発表前、日本テレビ系の情報番組にて「人気漫画『動物のお医者さん』が堂本剛主演でテレビドラマ化決定」との報が流れたが、出版元である白泉社はそれを否定した([1])。
  • ソフト化が一度も行われていない。ただし、再放送はキー局では2001年10月9日[2]からと2003年2月4日[3]からの2度行われ、地方局でも行われている)。香港ではソフト化されている。
  • 第7話がキー局での2度の再放送の際に放送されていないが、地方局での再放送ではオンエアされている。
  • ロケーション撮影のほとんどは実際の獣医学科の施設(神奈川県相模原市麻布大学)を使用して行われた。
  • 9話を除いて、スタッフロール(エンディング)中にごく短い時間におまけがあり、ナレーション兼ロシナンテの声の細川俊之が、ロシナンテ(つまり犬)の着ぐるみを着て、堂本剛に「俺は本来役者なのに、なぜ犬のぬいぐるみを着なくちゃいけなのか」などと愚痴をこぼしていた。また初期の頃は「犬の気持ち」(?)でナレーションなどをしていた。8話ごろにこの仕事辞めたいとまで言っていたが、最終話になって「やっぱり嫌なんだよ。この仕事辞めるの、パート2をつくろうよ」とまで言っていた。
  • 最終回では、「背中に羽根がある」や、「今幸せに触ったみたい」など、『ボクの背中には羽根がある』の歌詞の一部がセリフに用いられた。
日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
新宿暴走救急隊
(2000.10.14-2000.12.16)
向井荒太の動物日記
〜愛犬ロシナンテの災難〜
(2001.1.13-2001.3.17)
明日があるさ
(2001.4.21-2001.6.30)