メインメニューを開く

向坂 松彦(さきさか まつひこ、1933年12月5日 - 2000年11月8日)は、元NHKアナウンサー

来歴・人物編集

早稲田大学第一政治経済学部を卒業し、1956年NHKに入局。同期に山川静夫松川洋右がいる。

1962年春場所から大相撲の実況担当アナウンサーとなる。大相撲に限らず、競馬など幅広い種目のスポーツ中継の実況を担当した。

1964年東京、1972年冬季札幌、1976年のモントリオールの各オリンピックでも実況を担当。特にモントリオールオリンピックの体操で金メダルを獲得した、ルーマニアナディア・コマネチを、“白い妖精”と実況し、彼女のキャッチフレーズとなった。

大相撲では、1981年初場所千代の富士初優勝や、1990年春場所の千代の富士1000勝達成など、数多くの名勝負の実況を担当したが、特に千代の富士に関しては度重なる脱臼癖に苦しんでいた十両力士の頃から「いつの日か土俵の天下を取るものと見ている」と素質を見抜いていた。千代の富士との共著に『私はかく戦った 横綱千代の富士』(NHK出版1991年)があり、また関西テレビ制作のドラマ千代の富士物語』(1991年~1992年)では監修を担当し、ナレーション・解説役も務めている。

NHKを定年退職した後は相撲ジャーナリストとして活躍した。 フジテレビアナウンサーの向坂樹興は甥に当たり、NHK退職後は「日本大相撲トーナメント」中継での共演も見られた。 また、フジテレビの『めざましテレビ』などで、大相撲関係のコメンテーターとして出演していたこともある。

2000年11月8日、持病の心臓病を苦に横浜市の自宅で左手首を切り自殺。66歳没。

関連項目編集