メインメニューを開く

向山 源太夫(むこうやま げんだゆう、享和元年(1801年) - 安政3年8月10日1856年9月8日)は江戸時代後期の武士。名は篤。通称は源太夫。誠斎と号す。別号に偶堂。向山黄村を養子に迎えている。

目次

略歴編集

蔵米百俵取りの旗本、向山吉之丞の長子として生まれ、文化14年(1817年)に家督を継ぐ。小普請組から天保元年(1830年)に書物御用出役に任ぜられ、天保9年(1838年)に奥右筆に転ず。幕府保管文書のうち、興味をひくものを私に筆録し始める[注釈 1]天保の改革にさいし、旧慣先例の調査に功績ありとして、天保14年(1843年)に勘定組頭に抜擢[1]。勝手方御用となり、老中土井利位の財政改革に協力するが、土井の失脚と共に勘定方を免ぜられる。安政2年(1855年)5月、新設された箱館奉行支配組頭に就任し、開港準備、蝦夷地経営にあたる。安政3年(1856年)に西蝦夷と樺太の調査のため、松浦武四郎を同行させ、樺太の全島調査を終えた頃に病にかかり、ヲトシマナイ(宗谷村)に戻って8月10日に死去[注釈 2]。12月14日、箱館の称名寺で葬儀。享年56歳。

参考文献編集

  • 霞会館資料展示委員会・編 『幕末直参旗本の軌跡 : 向山源太夫・黄村父子』(霞会館、1989年)

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ これが後に『誠斎雑記』となる。
  2. ^ 11日に火葬を終え、12日に骨を拾いトドマツ7本を植えて墓印とした、と松浦武四郎の日誌に記された[2]

脚注編集

  1. ^ 大口勇次郎『国史大辞典 第13巻』吉川弘文館、2002年、592p。
  2. ^ 松浦武四郎研究会・編『簡約松浦武四郎伝』松浦武四郎没後100年記念事業協賛会、1988年、208p。