向陽山(こうようざん)は、台湾中央山脈の南段に位置する山で、高雄市桃源区台東県海端郷の境にある標高3,603mの山である[1]。別称は紅葉山(もみじやま)。

向陽山
標高 3,603 m
所在地 中華民国の旗 台湾
高雄市桃源区
台東県海端郷
位置 北緯23度17分3.48秒 東経120度59分32.64秒 / 北緯23.2843000度 東経120.9924000度 / 23.2843000; 120.9924000座標: 北緯23度17分3.48秒 東経120度59分32.64秒 / 北緯23.2843000度 東経120.9924000度 / 23.2843000; 120.9924000
向陽山の位置(台湾内)
向陽山
向陽山
向陽山の位置(台湾
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

向陽山は関山嶺山三叉山中国語版のほぼ中間の中央山脈に位置し、台湾百岳中国語版の中で16位だった。山の西南側に急に切り立った崖があり、地元では「向陽大崩壁」として知られる[2]。崖の落差は約800m、幅は約3km[2]。地質は黒色片岩および緑色片岩[2]

脚注編集

  1. ^ 楊建夫 『台灣的山脈』遠足文化、2001年。ISBN 9573049368 (繁体字中国語)
  2. ^ a b c 向陽大崩壁”. 台湾地景保育網. 台湾地形研究室. 2014年4月12日閲覧。(繁体字中国語)