君といた未来のために 〜I'll be back〜

君といた未来のために 〜I'll be back〜』(きみといたみらいのために アイル・ビー・バック)は、1999年1月16日から3月20日まで毎週土曜日21:00 - 21:54に日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマである。

君といた未来のために
〜I'll be back〜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1999年1月16日 - 3月20日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 佐藤東弥
唐木昭浩
萩野哲弘
脚本 大石哲也
吉田智子
プロデューサー 重松修
井上健
鈴木聡
出演者 堂本剛
遠藤久美子
仲間由紀恵
佐野史郎
内藤剛志
字幕 字幕放送
データ放送 番組連動データ放送
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

人生をやり直したいと思っていた大学生・堀上篤志(堂本剛)は1999年12月31日の夜、2000年を迎えようとしたその瞬間、謎の流星群の襲来と共に心臓が止まり、気づけば1995年12月23日の時点に戻ってしまっていた。不可思議な現象に戸惑いつつも人生をやり直すチャンスが得られたことに喜び、違う人生を歩みだす篤志。しかし今度もまた2000年を迎える瞬間になると1995年12月23日に戻ってしまった。そしてまたその次も…。

そうして同じ時間を繰り返し生きるうちに、室井蒔(仲間由紀恵)と黛裕介(佐野史郎)の二人も篤志と同じように2000年を迎えられずに人生を繰り返していることが判明、またこの中で時間を繰り返すリフレインプレイヤーの三人や周囲の人間の過去も徐々に明らかとなっていく。この時間のリフレインから逃れるために篤志は2000年を迎えられる方法を探っていくが…。

キャスト編集

堀上家
主人公。1999年当時は大学生。卒業前にも関わらず就職先が決まらず、親友の自殺の原因に気づけなかったことなどを負い目に感じ、もう一度人生をやり直せたら、と思っていた。
最初の1999年の大晦日、母との思い出の映画「忘れ物の森」が上映されている映画館そばで、亡くなっていたはずの母親の姿を見かけ、その映画を観賞中、新年へのカウントダウンと同時に心臓発作を起こす。だが気付いた時には1995年12月23日に戻っていた。
その後、過去の記憶を元に事業を成功させるが、また1999年の大晦日から2000年の新年を迎えるときに心臓発作を起こし、1995年へと戻ってしまう。時間の繰り返しの中で、だんだんと隠された真実が明らかになっていく
幼少時代の夢はパイロットになること。
篤志の父親。
篤志の母親。篤志は死去していたと聞かされていたが、実際には自殺未遂を起こし、そのときの怪我が原因で脳を損傷。記憶喪失を起こして、施設で暮らしていた。
時のリフレインの原因を作った人物。
篤志の関係者
篤志の幼馴染。
篤志の親友。最初の1999年当時、自殺をして死去していた。時のリフレインの中で自殺の原因がわかり、最後は無事2000年を迎える。
篤志以外のリフレインプレイヤー
時のリフレインの中で、発売前だった曲「WAになっておどろう」を歌う様子が映し出される。
リフレインでの記憶を元に預言者のようなことを起こしたり、3人が時間の繰り返しを起こしていることにいち早く気付き、篤志、蒔を脅す。
その他
ゲスト

スタッフ編集

放送日程編集

phase 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
phase1 1月16日 気がつけば18才の俺がいた! 大石哲也 佐藤東弥 19.0%
phase2 1月23日 明日が消えてゆく!キスの秘密 12.4%
phase3 1月30日 俺と同じ宿命の奴からの脅迫状 唐木昭浩 15.7%
phase4 2月06日 第3の男登場!由佳が危ない 吉田智子 荻野哲弘 13.3%
phase5 2月13日 ゲームは終りだ!俺は死なない!! 大石哲也 佐藤東弥 15.7%
phase6 2月20日 俺もう死にたい!涙の逃避行 唐木希浩 14.0%
phase7 2月27日 狂った時間!俺だけくり返すのか 吉田智子 荻野哲弘 15.4%
phase8 3月06日 仕組れた罠、親子の絆が崩れてく 大石哲也 佐藤東弥 12.2%
phase9 3月13日 繰り返しの謎!キーワードは母? 唐木希浩 12.7%
last phase 3月20日 隠れた事実!最後の瞬間に死が 佐藤東弥 15.4%
平均視聴率 14.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

リフレインプレイヤー編集

このドラマで過去を何度も繰り返してしまう三人のように、一定時間内を何度も体験している人のことを「リフレインプレイヤー」と言う。SF上の概念であるタイムマシンによる物理的時間移動に対して発案された「精神的時間移動」に該当するものである。

映像ソフト編集

2000年1月21日に全5巻でVHS化されているが、DVDBlu-ray化はされていない。

サウンドトラック編集

原案編集

関連項目編集

  • 日本のテレビドラマ一覧
  • D×D - 本作にも登場する劇中映画『忘れ物の森』はこの作品内で最初に登場したもので[1]、本作以外の日本テレビ系ドラマにも度々登場している(「D×D#備考」も参照)。

脚注編集

  1. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 2000』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、2000年4月20日、80頁。雑誌コード:01844-04。
日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
P.A. プライベート・アクトレス
(1998.10.17 - 1998.12.12)
君といた未来のために 〜I'll be back〜
(1999.1.16 - 1999.3.20)
蘇える金狼
(1999.4.17 - 1999.6.26)