君はひとりじゃない

君はひとりじゃない』(きみはひとりじゃない、Ciało)は2015年ポーランド英語版ドラマコメディ映画。 監督はマウゴシュカ・シュモフスカ英語版、出演はヤヌシュ・ガヨスマヤ・オスタシェフスカなど。 家族の死から父と娘が再生していく過程を描いた家族ドラマ[1]

君はひとりじゃない
Ciało
監督 マウゴシュカ・シュモフスカ英語版
脚本 マウゴシュカ・シュモフスカ
ミハウ・エングレルトポーランド語版
製作 ヤツェク・ドゥロシオポーランド語版
ミハウ・エングレルト
マテウシュ・コシチュキェヴィチ
マウゴシュカ・シュモフスカ
製作総指揮 ランブロス・ジオタス
出演者 ヤヌシュ・ガヨス
マヤ・オスタシェフスカ
ユスティナ・スワラ
撮影 ミハウ・エングレルト
編集 ヤツェク・ドゥロシオ
製作会社 Nowhere
配給 ポーランドの旗 Kino Świat
日本の旗 シンカ
公開 ドイツの旗 2015年2月9日 (BIFF)
ポーランドの旗 2015年3月6日
日本の旗 2017年7月22日
上映時間 90分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
言語 ポーランド語
テンプレートを表示

第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で上映され[2]、シュモフスカが銀熊賞(監督賞)を獲得した[3]。他にグディニャ映画祭英語版で金獅子賞[4]第29回ヨーロッパ映画賞英語版で観客賞を獲得した[5]

第28回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門およびポーランド映画祭2016で上映された際の日本語タイトルは『ボディ』[6]

ストーリー編集

母の死から立ち直れずに摂食障害を患っている娘オルガを見かねた父ヤヌシュはオルガを入院させる。 セラピストのアンナは独自の方法でオルガのリハビリを行う。 一方、アンナには霊と交信する能力があり、ヤヌシュが妻の死をきっかけに心を病んでいることを見抜くとともに亡き妻との交信をヤヌシュに勧める。 アンナの能力に懐疑的だったヤヌシュだったが、身の回りで不思議な出来事が起きるにつれ、徐々に興味を抱くようになる。 そんなある日、妻と自分しか知らない内容の書かれたメモを見つけたヤヌシュは、オルガとともにアンナに降霊をしてもらうことにする。 3人は降霊の儀式を始めるが、そこでオルガはメモを書いたのは自分であることを告白する。 これをきっかけに、それまですれ違ってばかりいたヤヌシュとオルガの間に和やかな空気が流れる。

キャスト編集

出典 編集

外部リンク編集