メインメニューを開く

君への誓い』(きみへのちかい、原題: The Vow)は、2012年アメリカ合衆国恋愛映画

君への誓い
The Vow
監督 マイケル・スーシー
脚本 マルク・シルバースタイン
マイケル・スーシー
アビー・コーン
原案 スチュワート・ゼンダー
製作 ジョナサン・グリックマン
ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンボーム
ポール・トーブリード
製作総指揮 オースティン・ハースト
J・マイルズ・デール
スーザン・クーパー
出演者 チャニング・テイタム
レイチェル・マクアダムス
音楽 マイケル・ブルック
レイチェル・ポートマン
主題歌 テイラー・スウィフト
「Enchanted」
撮影 ロジエ・ストッファーズ
編集 ナンシー・リチャードソン
メリッサ・ケント
製作会社 スパイグラス・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 スクリーン・ジェムズ
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年2月10日
日本の旗 2012年6月1日[1]
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $186,620,051[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

実話をもとに、交通事故で夫の存在を忘れてしまった妻と、彼女の愛を取り戻そうとする夫の姿を描く。妻のペイジ(レイチェル・マクアダムス)と夫のレオ(チャニング・テイタム)は、幸せな結婚生活を送っていた。ある冬の夜、二人は突然の追突事故に巻き込まれてしまう。ペイジはフロントガラスを突き破って前に押し出され、外傷性脳損傷で病院に運ばれた。病室のベッドで目覚めたペイジは、夫との楽しい思い出を全て忘れてしまっていた。レオは、自分がペイジの夫であることを証明するために、全力で妻の記憶を取り戻そうとする。ある時、ペイジは久しぶりにロースクールの仲間たちと会う。そこで、かつてのフィアンセ、ジェレミー(スコット・スピードマン)と再会する。ペイジは、シカゴ美術大学に行くためにロースクールをやめ、ジェレミーとの婚約を一方的に破棄していた。しかし、ペイジはその記憶を失っていたため、自ら絶縁したはずのジェレミーの会社へと足を運ばせていた。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

関連作品編集

脚注編集

  1. ^ 映画 “THE VOW” 『君への誓い』全米初登場第1位!6月1日(金)日本公開決定!!”. ソニー・ピクチャーズ - プレスリリース (2012年2月15日). 2012年3月17日閲覧。
  2. ^ a b The Vow” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月24日閲覧。

外部リンク編集