メインメニューを開く

君も出世ができる』(きみもしゅっせができる)は、東宝1964年に製作した、和製ミュージカル映画

君も出世ができる
監督 須川栄三
脚本 笠原良三
井手俊郎
製作 藤本真澄
出演者 フランキー堺
高島忠夫
雪村いづみ
音楽 黛敏郎
撮影 内海正治
配給 東宝
公開 日本の旗 1964年5月30日
上映時間 100分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

鴛鴦歌合戦』と並ぶ和製ミュージカル映画の代表作。須川監督らは事前にアメリカのミュージカルを視察したといい、出来上がった映画はスケールにおいてもセンスにおいても本家に引けを取らないものとなった。

日本でも戦後、本格ミュージカル映画を作る動きは様々な形であったが、その成功した数少ない例として名前が知られる作品である。しかし興行的には失敗だった為、後に続く作品が出てこなかった。

その後カルト映画としてリバイバル上映などで人気を呼び、須川監督の代表作として挙げられるようになった。1994年に東宝からレーザーディスクが発売され、2008年に同時期の作品と共にDVDが発売された。

本編中盤を盛り上げるミュージカル・ナンバー「アメリカでは」は、2001年1月1日発売のピチカート・ファイヴのCDアルバム『さ・え・ら ジャポン』にて、雪村いずみセルフカバー)とデュークエイセスフィーチャリング小西康陽マンボ調のアレンジにしたものが収録されている。同曲にはバンドの元メンバーである高浪敬太郎がコーラスアレンジとして参加している。

あらすじ編集

日本を代表する観光会社(旅行代理店)・東和観光[1]の外人旅行課に勤務する山川善太は、仕事の後輩である中井剛と一緒にマイカーで通いながら出世の糸口を見つけようと励む、手段を選ばない高度成長時代の日本の典型的サラリーマンである。山川の音頭で海外出張を派手に見送られたあと、飛行機の都合で戻ってきた社長は、自分の愛人であるクラブのホステス・紅子に金を渡すよう、空港に一人残っていた中井に依頼する。山川は中井に、紅子と仲良くなって「社長の弱みを握ること」(サラリーマン出世三ヶ条の第三条)を勧めるが、真面目で善人な中井は積極的になれない。そこへ、アメリカへ出張中だった社長の娘・陽子が日本に帰国し、アメリカ的合理主義経営術で外人旅行課を運営しようとする。そして、陽子は中井の人柄に強く惹かれるようになる。

スタッフ編集

キャスト編集

※映画クレジット順

※以下、ノンクレジット出演者

挿入歌編集

  • 唄 フランキー堺
    • 君も出世ができる
    • バンザイ屋の唄
    • サラリーマン出世三ヶ条
  • 唄 高島忠夫
    • タクラマカン
  • 唄 中尾ミエ
    • いなかにおいで
  • 唄 雪村いづみ
    • アメリカでは
    • 鏡をみつめるとき
  • 唄 植木等
    • これが男の生きる道

同時上映編集

ただいま診療中

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「キネマ旬報映画データベース」その他には「千代田観光」と記述されているが、映像を確認する限りでは「東和観光」である。

関連項目編集

外部リンク編集