吸血鬼ボボラカ』(きゅうけつきボボラカ、Isle of the Dead)とは、1945年公開のアメリカ合衆国ホラー映画RKO作品。製作はヴァル・リュートン、監督はマーク・ロブソン。脚本はリュートンとたびたび組んでいるアーデル・レイ。リュートンの前作『死体を売る男』に続いてボリス・カーロフが主演した[3]アルノルト・ベックリンの絵画『死の島』にインスパイアされたもので、その絵はタイトルクレジットの背景に使われている。もっとも当初のタイトルは『Camilla』だった。

吸血鬼ボボラカ
Isle of the Dead
Isle of the Dead (1945 poster).jpg
ポスター(1945年)
監督 マーク・ロブソン
脚本 アーデル・レイ
製作 ヴァル・リュートン
出演者 ボリス・カーロフ
エレン・ドリュー
音楽 リー・ハーライン
撮影 ジャック・マッケンジー
編集 ライル・ボイアー
製作会社 アメリカ合衆国の旗 RKO
配給 アメリカ合衆国の旗 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗1945年9月7日[1]
日本の旗2013年10月21日[2]
上映時間 72分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 246,000ドル
興行収入 383,000ドル
テンプレートを表示

日本では2013年の「エドガー・G・ウルマーとゆかいな仲間たち」で劇場初公開されたが[2][4]、それ以前にテレビ放映 [5]、またNECアベニュー からビデオ発売されていた[6]

あらすじ編集

バルカン戦争の最中、ニコラス将軍らはギリシャの小島を訪れる。

その島で敗血症性ペストが発生。将軍は感染を防ぐため、島の人々が島から出ることを禁止する。

極限状態の中、次々と人々が病に倒れて死んでゆく。

島の老女キーラは伝説の吸血鬼ボボラカ(vorvolaka)のせいだと言い出す。さらに、若い娘シアがそのボボラカだと。将軍は迷信を信じないが、もし証拠が見つかればシアを殺すと約束する。

アメリカ人記者オリバーはシアと一緒に島から逃げようとするが、将軍は島に唯一ある船を破壊する。

そんな中、英領事夫人メアリーがカタレプシーを発症する。人々は彼女が死んだものと思い埋葬する。墓の中でメアリーはカタレプシーから回復するが、「早すぎた埋葬」の恐怖から発狂。キーラと、シアを殺そうとしていた将軍を殺し、自分も崖から落ちて死ぬ。

将軍はボボラカはいたと言い残して死んでゆく。

キャスト編集

制作編集

クランクインは1944年7月。2週間ほどしたところで、カーロフが背中の外科手術をするために撮影は中断。カーロフは復帰したが、役者の再招集まで間があったので、その間に『死体を売る男』を撮った。結局、撮了したのはその年の暮だった。制作上のトラブルからオリジナルの脚本にあった中心的な女性キャラ(名前はキャサリン)は物語から割愛された。

反応編集

1945年9月7日にニューヨークでプレミア公開。製作費はリュートンのホラー映画としては最高額の246,000ドル。それに対して収益は国内266,000ドル、海外117,000ドル。

近年の評価は、レナード マルティン英語版が4つ星満点の星3つ[7]。映画監督マーティン・スコセッシは身の毛もよだつホラー映画オールタイム・ベスト11の1本に『吸血鬼ボボラカ』を選んでいる[8]

脚注編集

  1. ^ Back to Bataan: Detail View”. American Film Institute. 2014年4月28日閲覧。
  2. ^ a b 吸血鬼ボボラカ - Movie Walker
  3. ^ Stephen Jacobs, Boris Karloff: More Than a Monster, Tomohawk Press 2011 p 304
  4. ^ エドガー・G・ウルマーとゆかいな仲間たち”. シネマヴェーラ渋谷. 2020年2月9日閲覧。
  5. ^ 北島明弘『ホラー・ムービー史―恐怖・怪奇・幻想の全映画』芳賀書店、1986年、52頁。ISBN 978-4826101196
  6. ^ 『ぴあ シネマクラブ1993 洋画篇』ぴあ、1993年、243頁。
  7. ^ Leonard Maltin (2015). Classic Movie Guide: From the Silent Era Through 1965. Penguin Publishing Group. p. 335. ISBN 978-0-14-751682-4. https://books.google.com/books?id=6MIBDAAAQBAJ. 
  8. ^ Martin Scorsese (2009年10月28日). “11 Scariest Horror Movies of All Time”. The Daily Beast. 2009年11月15日閲覧。

外部リンク編集