吹田徳雄

吹田 徳雄(すいた とくお、1911年12月20日 - 1981年12月18日)は日本の工学者大阪大学名誉教授原子力安全委員会初代委員長。理学博士(大阪帝国大学、1947年)。徳島県海部郡美波町(旧日和佐町)出身。

経歴編集

1937年に大阪帝国大学工学部電気工学科卒業し、1949年、大阪大学工学部電気工学科の教授(電気材料学講座)となる。1963年には京都大学教授となり、1969年から1970年まで大阪大学工学部長事務取扱を勤めた。

1975年に大阪大学を退官し、近畿大学教授となる。1978年には原子力安全委員会の初代委員長となった。

主な著書編集

共著
  • 『エネルギー変換論』(高橋秀俊1964年
  • 『100万人の原子力〈基礎編) 』(三島良績、1971年
公職
先代:
(創設)
  内閣府原子力安全委員会
委員長

初代:1978年 - 1981年
次代:
御園生圭輔