吹石 徳一(ふきいし とくいち、1953年4月2日 - )は、和歌山県日高郡南部川村(現・みなべ町)出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ

吹石 徳一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県日高郡南部川村(現:みなべ町
生年月日 (1953-04-02) 1953年4月2日(68歳)
身長
体重
178 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1974年 ドラフト4位
初出場 1976年4月3日
最終出場 1988年10月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 近鉄バファローズ
    大阪近鉄バファローズ (1989 - 1999)
  • 日本新薬

長女は女優吹石一恵、娘婿(一恵の夫)はシンガーソングライター俳優福山雅治

来歴編集

プロ入り前編集

実家は農家[1]で、南部高校では2年次の1970年に、秋季近畿大会和歌山県予選決勝で市和歌山商業に敗れた。3年次の1971年には夏の甲子園和歌山大会でも準々決勝に進出するが、新宮高に敗退し、春夏とも甲子園出場は出来なかった。

卒業後は1972年日本新薬へ入社し、西垣一監督の指導を受け、1974年には都市対抗に出場した[2]同年のドラフト4位で近鉄バファローズに入団し、背番号25で、現役を引退するまで一貫して着用していた。近鉄への入団に際しては、「3年経っても一軍に昇格できなければ、実家から分家して農業に携わる」という約束を家族と交わしていたという[1]

プロ入り後編集

2年目の1976年に一軍に初昇格した[1]が、1977年までは一軍と二軍を往復した。内野手として登録されながら、チーム事情で外野を守ることもあった[1]が、1978年からは当時の正遊撃手石渡茂のバックアップ要員として一軍に定着。1979年広島との日本シリーズでは、11月4日の第7戦(大阪)で9回裏にクリス・アーノルドの代走で起用されて二塁への盗塁に成功し、いわゆる「江夏の21球」として語り継がれるシーンで江夏を揺さぶった[1]

1980年には、三塁手や遊撃手として77試合にスタメンへ起用され、12本塁打を放った。広島と再び対戦した日本シリーズでは、内野手として6試合にスタメン出場し、第1戦で江夏から同点につながる犠飛、第2戦で逆転の3点本塁打を放つなど[1]、21打数8安打4打点と好成績を残した。

1981年には、不振の石渡に代わって正遊撃手の座を確保し、初の規定打席到達、打率.245(リーグ34位)、10本塁打、48打点、13盗塁を記録した。

1982年以降は石渡、森脇浩司らとの併用となったが、内野のユーティリティプレイヤーとして存在感を示した。

1988年にはリーグ優勝がかかった10月18日19日ロッテ戦(川崎)では、故障で戦線を離脱していた金村義明に代わる三塁手としてスタメンに起用された。18日の試合でシーズン1号本塁打を含む3安打を記録すると、いわゆる「10.19」として知られる19日のダブルヘッダーでも、第2試合の7回表に2号本塁打を放ってチームを一時勝ち越しに導いた。

1989年も現役を続けるつもりであったが、シーズン終了後、前田泰男球団代表から二軍守備コーチへの就任要請を受けた。入団当時の監督であった西本に相談したところ、「そういうチャンス(コーチへの就任要請)はなぁ、1年現役をやっても次、あるかないかわからんぞ。会社(球団)がそう言うてくれるんやったら、コーチをやれ」と勧められたため、この年限りで現役を引退した[1]

現役引退後編集

引退後も近鉄一筋で、二軍守備コーチ(1989年 - 1990年)、一軍守備・走塁コーチ(1991年 - 1992年)、一軍内野守備コーチ(1993年 - 1995年)、二軍内野守備コーチ(1996年)、二軍守備・走塁コーチ(1997年 - 1999年)を歴任。

2001年からは近畿地方担当スカウトへ異動し[3]、近鉄球団がオリックス・ブルーウェーブへの吸収合併によって2004年限りで消滅した2005年からは、東北楽天ゴールデンイーグルス近畿地方担当スカウトとして活動。

2007年3月27日にはチーフスカウトに昇格。

2012年11月30日付で楽天を退団した[4]

2013年からは古巣・日本新薬にアドバイザーとして復帰。

2014年から2016年までヘッドコーチ。

2017年から2019年まで監督を務めた[5][6]。チームは、監督1年目の2017年に都市対抗へ出場[7]。2019年12月31日付で監督退任してからは、アドバイザーとしてスカウティング活動にも携わっている[8]

選手としての特徴・人物編集

  • 近鉄時代のチームメイトであった羽田耕一藤瀬史朗梨田昌孝などと共に、1953年度生まれの選手で構成された親睦会「プロ野球28会」のメンバーでもある。
  • 1980年に日本シリーズへ出場して以降、「自身の立場が変わった年に一軍がパ・リーグで優勝する」という巡り合わせが続いた。現役を引退した翌1989年には、二軍でコーチとして守備・走塁面を指導していたが、一軍は9年振りのリーグ制覇を達成。コーチからスカウトへ転身した2001年には、球団史上最後の優勝を果たしている。現場に携わっていなかった楽天も、退団の翌2013年に球団史上初のリーグ優勝と日本シリーズ制覇へ至った。このため、日本新薬の監督からチームアドバイザーへ戻った2020年には、「俺が監督を辞めたから、今年(2020年)は優勝するぞ」という言葉でナインを激励している[3]
  • 1999年11月21日大阪ドームで催された近鉄対巨人のOB戦では、始球式に娘の一恵が背番号25のユニフォーム姿で登場したことから、ナインの計らいで捕手を務めた。

家族編集

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1976 近鉄 48 30 28 8 4 0 0 0 4 0 4 3 0 0 1 0 1 4 0 .143 .200 .143 .343
1977 28 15 12 2 2 0 0 0 2 2 1 2 0 2 1 0 0 2 0 .167 .200 .167 .367
1978 74 63 59 3 7 0 0 1 10 1 6 2 1 0 2 0 1 9 0 .119 .161 .169 .331
1979 95 109 99 14 19 3 0 3 31 10 4 2 4 0 6 0 0 20 0 .192 .238 .313 .551
1980 109 281 249 35 62 8 2 12 110 36 6 2 14 4 9 0 5 31 7 .249 .285 .442 .726
1981 126 454 412 47 101 13 1 10 146 48 13 8 13 4 23 0 2 25 7 .245 .286 .354 .640
1982 82 150 139 17 26 3 0 3 38 13 3 2 2 2 7 0 0 13 4 .187 .223 .273 .496
1983 67 147 132 18 28 6 0 2 40 20 4 1 5 2 8 0 0 13 1 .212 .254 .303 .557
1984 86 207 189 25 47 7 0 5 69 20 5 0 9 0 7 0 2 19 3 .249 .283 .365 .648
1985 103 299 263 33 64 9 0 12 109 29 8 4 17 2 12 0 5 30 3 .243 .287 .414 .702
1986 86 91 82 12 19 4 0 2 29 7 1 2 5 0 3 0 1 15 1 .232 .267 .354 .621
1987 60 84 76 5 15 0 0 0 15 4 1 1 5 1 2 0 0 13 0 .197 .215 .197 .413
1988 56 123 114 10 30 5 0 2 41 10 1 0 5 0 3 0 1 9 4 .263 .288 .360 .648
通算:13年 1020 2053 1854 229 424 58 3 52 644 200 57 29 80 17 84 0 18 203 30 .229 .267 .347 .614

記録編集

  • 1000試合出場:1988年9月18日(日本プロ野球史上278人目)

背番号編集

  • 25 (1975年 - 1988年)
  • 81 (1989年 - 1999年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g “吹石徳一、10・19弾1週間後の引退勧告(1)/パ・リーグ伝説”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年6月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006070000865.html?Page=1 2020年6月9日閲覧。 
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ a b “吹石徳一、10・19弾1週間後の引退勧告(2)/パ・リーグ伝説”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年6月7日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006070000865.html?Page=2 2020年6月9日閲覧。 
  4. ^ 退団スタッフに関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト. 2012年11月30日閲覧。
  5. ^ 吹石一恵パパ、徳一氏が日本新薬監督に 孫とW喜び 日刊スポーツ、2017年1月3日閲覧。
  6. ^ 社会人野球・監督考 日本新薬・吹石徳一氏
  7. ^ 日本新薬・吹石監督、初陣へ打撃強化「全力で立ち向かう」
  8. ^ “元近鉄の吹石氏が日本新薬監督退任、今後はスカウト”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年1月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001060000396.html 2020年1月7日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集