メインメニューを開く

菖蒲の前伝説編集

1180年治承4年〉5月26日源頼政が宇治平等院釣殿で自刃する。頼政の側室[1]である菖蒲の前は、3歳になる息子の種若丸を連れてこの地に逃れてくる。数日間休んでいたが、種若丸は病気になり、死んでしまう。このとき、菖蒲の前が「吾妻子や 千尋の滝のあればこそ 広き野原の 末をみるらん」と詠んだと言われ、この滝を吾妻子の滝と呼ぶようになった[2]。滝の西側の「吾妻子観音堂」に、種若丸の墓と伝えられる宝篋印塔が納められている[3]

交通アクセス編集

周辺編集

参考文献編集

  1. ^ 『公式観光ガイド 東広島ちょこっと旅』 (公益社団法人東広島市観光協会 2017年) 47頁
  2. ^ 福成寺 - 菖蒲の前伝説について
  3. ^ 吾妻子の滝(東子の滝) (東広島市公式ホームページ) 2018年1月25日閲覧。