メインメニューを開く

吾妻 徳穂(あづま とくほ、1909年2月15日 - 1998年4月23日)は、日本の舞踊家。吾妻流家元宗家日本芸術院会員。東京出身。

あづま とくほ
吾妻 徳穂 
Azuma Tokuho.JPG
1947年
生年月日 1909年2月15日
没年月日 (1998-04-23) 1998年4月23日(89歳没)
襲名歴 1. 藤間 春枝
2. 吾妻 春枝
3.吾妻 徳穂
出身地 東京都
十五代目市村羽左衛門
藤間政弥
長男:五代目中村富十郎
次男:山田元靖
孫:吾妻徳彌(吾妻流家元)
孫:中村鷹之資
曾孫:中村壱太郎
当たり役
時雨西行
『赤猪子』
『藤戸の浦』
『北州千歳壽』
受賞
1967年 芸術院賞受賞。
1986年  日本藝術院会員。
1991年 文化功労者認定

目次

経歴編集

(以上は通説で、田村成義『演芸逸史無線電話』に、藤間政弥がお竜と名のって歌舞伎座社長だった大河内輝剛の愛人であったことが書かれており、二代目市川猿之助も、大河内がほどなくがんに倒れた時、政弥に電話をかけたとあるので、実際の父は大河内であろうとする説もある。里見弴は『羽左衛門伝説』で、羽左衛門の父がルジャンドルであることを明らかにした上、徳穂が羽左衛門の子だというのは疑わしいとしている。小谷野敦『弁慶役者 七代目松本幸四郎』(青土社)にもこのことが書いてある。)

代表作編集

  • 『時雨西行』
  • 『赤猪子』
  • 『藤戸の浦』

などがある。

受賞など編集

著書編集

  • 『世界に踊る』(角川書店、1957)
  • 『おどり』(邦楽と舞踊出版部、1967)
  • 『女でござる』(読売新聞社、1978、自伝
  • 『踊って躍って八十年 - 想い出の交遊記』(読売新聞社、1988、自伝
  • 『女三昧芸三昧 如是の華(女の自叙伝)』(婦人画報社、1990)

テレビ出演編集

外部リンク編集


先代:
三代目吾妻藤蔵
吾妻流家元
4代目: 1933-1950、1968-1978
次代:
吾妻徳隆