吾妻橋

東京都墨田区にある道路橋
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
東京都道463号標識

吾妻橋(あづまばし)は、隅田川にかかるで、東京都道463号上野月島線吾妻橋支線(雷門通り)を通す。西岸は台東区雷門二丁目、および花川戸一丁目を分かち、東岸は墨田区吾妻橋一丁目。橋東岸の墨田区の町名でもあり、一丁目から三丁目まで存在する。

墨田区側から(2005年8月)
墨田区側から(2005年8月)
墨田区側から(2007年11月)
墨田区側から(2007年11月)
台東区側から
台東区側から
1887年完成の旧鉄橋
1887年完成の旧鉄橋
1887年完成の旧鉄橋(俯瞰)
1887年完成の旧鉄橋(俯瞰)
関東大震災直後。焼け落ちた吾妻橋に応急処置を施す日本陸軍
関東大震災直後。焼け落ちた吾妻橋に応急処置を施す日本陸軍
大正時代の吾妻橋。左から人道橋、鉄道橋、車道橋。
吾妻橋の位置(東京都区部内)
吾妻橋
東京都区内の位置

地理編集

この橋の西岸の交叉点には浅草一丁目がかかり、神谷バーなど、いわゆる浅草中心に近い橋である。また、東岸にはアサヒビール本社などが入る墨田リバーサイド地区がある。なお、サクラの名所として著名な隅田公園はこの橋がほぼ南端にあたる。

なお、東武伊勢崎線東京メトロ銀座線都営地下鉄浅草線浅草駅はこの橋の西岸にあり、東岸約500メートル先にこの橋の名を冠した本所吾妻橋駅(都営浅草線)がある。

また、東京都観光汽船桟橋である浅草ステーションが橋の西詰に設けられている。ここから浜離宮を経由して東京港日の出桟橋まで運航されている隅田川ラインと称する航路が出発している。この為、隅田川下りの拠点の一つとしても著名な地点でもある。

歴史編集

創架は1774年安永3年)10月17日のことで、それまでは「竹町の渡し」と呼ばれた渡し舟があった場所であった。江戸時代に隅田川に架橋された5つの橋のうち最後の橋であり、1769年明和6年)4月に浅草花川戸の町人伊右衛門と下谷竜泉寺の源八の嘆願が幕府によって許可され、着工後5年で完成したものである。

長さ八十四間(約150m)、幅三間半(約6.5m)の橋で、武士以外の全ての通行者から2文ずつ通行料を取ったと記録に残る。1786年天明6年)7月18日の洪水の際に永代橋新大橋がことごとく流され、両国橋も大きな被害を受ける中で無傷で残り、架橋した大工や奉行らが褒章を賜ったという。その後幾度かの架け替えが行われたようである。

橋名ははじめ「大川橋」と呼ばれた。これは近辺で隅田川が「大川」と呼称されていたことにちなむ。しかしながら、俗に江戸の東にあるために町民たちには「東橋」と呼ばれており、後に慶賀名として「吾妻」とされた説と、東岸方面の向島にある「吾嬬神社」へと通ずる道であったことから転じて「吾妻」となった説がある。いずれにしても、1876年(明治9年)2月に木橋として最後の架け替えが行われた際に正式に現在の橋名である「吾妻橋」と命名された。

この最後の木橋は1885年(明治18年)7月の大洪水で初めて流出した千住大橋の橋桁が上流から流されてきて橋脚に衝突。一緒に流失してしまう。そのために1887年(明治20年)12月9日に隅田川最初の鉄橋として再架橋された。鋼製プラットトラス橋で、人道橋、鉄道(東京市電)橋、車道橋の3本が平行して架けられていた。

1923年大正12年)9月1日大正関東地震関東大震災)によって木製だった橋板が焼け落ちてしまい、一時的な補修の後、1931年昭和6年)に現在の橋に架け替えられた。

現在の橋の概要編集

  • 構造形式 - 3径間鋼ソリッドリブタイドアーチ橋
  • 橋長 - 150.0m
  • 幅員 - 20.0m
  • 着工 - 昭和4年6月
  • 竣工 - 昭和6年6月
  • 施工主体 - 東京市

作品編集

音楽
都々逸
  • 「吾妻橋とは 吾が妻橋よ そばに渡しが ついている」(※「渡し舟」と「私」を掛けている。本歌取で「吾妻下駄とは 女の下駄よ そばに裸足が ついている」というのもある)

隣の橋編集

(上流) - 言問橋 - 隅田川橋梁 - 吾妻橋 - 駒形橋 - 厩橋 - (下流)

関連項目編集

座標: 北緯35度42分36秒 東経139度47分56秒 / 北緯35.71000度 東経139.79889度 / 35.71000; 139.79889