メインメニューを開く

吾妻 重二(あづま じゅうじ、1956年1月 - )は、茨城県出身の日本の学者。関西大学教授。博士(文学、早稲田大学)、博士(文化交渉学、関西大学)。

人物編集

1978年早稲田大学第一文学部東洋哲学専攻を卒業。

1981年〜1983年、北京大学哲学系に文部省高級進修生として留学。のち関西大学文学部専任講師、助教授を経て1997年から教授。

2010年度から2012年度まで関西大学文学部長、文学研究科長、東アジア文化研究科長、学校法人関西大学理事を兼任した。

現在、日本中国学会理事、日本道教学会理事、東方学会評議員、国際儒学聯合会理事兼日本代表副理事長、日本儒教学会評議員、日田市世界遺産登録検討委員会委員、関西大学体育会バドミントン部顧問、泊園記念会会長。

東アジアにおける思想史、思想文化史を専攻。朱子学儒教、儒教儀礼、書院を研究し、中国韓国ベトナム琉球日本国内の実地調査も精力的に行っている。

1995年10月に日本中国学会賞、1995年12月に馮友蘭学術研究会研究賞を受賞。

主な著作編集

単著編集

  • 『朱子学的新研究――近世士大夫思想的展开』(中国語,傅錫洪ら訳,北京・商務印書館,2017年)
  • 『泊園書院と漢学・大阪・近代日本の水脈』(編著,関西大学創立130周年記念泊園書院シンポジウム論文集,関西大学出版部,2017年)ISBN 9784873546629
  • 『家礼文献集成 日本篇7』(関西大学出版部,2018年)ISBN 9784873546728
  • 『石濵純太郎没後50年記念 石濵純太郎とその学問・人脈』展観目録(関西大学東西学術研究所・泊園記念会,2018年)
  • 『家礼文献集成 日本篇8』(関西大学出版部,2019年)ISBN 9784873546919
  • 『東西学術研究と文化交渉――石濱純太郎没後50年記念国際シンポジウム論文集』(編著,関西大学出版部,2019年)ISBN 9784873547084

共編編集

訳注その他編集

  • 馮友蘭中国哲学史 成立篇』(柿村峻と共訳,富山房,1995年)ISBN 4572009023
  • 朱熹家礼』の版本と思想に関する実証的研究』(平成12年度~14年度科学研究費補助金・基盤研究(C)(2) 研究成果報告書,課題番号12610017,2003年)
  • 熊十力『新唯識論』(訳注,関西大学出版部,2004年)ISBN 4873543878
  • 馮友蘭馮友蘭自伝──中国現代哲学者の回想』1;2(訳注,平凡社東洋文庫,2007年)ISBN 9784582807677; ISBN 9784582807684
  • 『東アジアにおける伝統教養の形成と展開に関する学際的研究:書院・私塾教育を中心に』(平成21年度~平成24年度科学研究費補助金・基盤研究(A)(一般)研究成果報告書,課題番号 21242001,2013年)
  • 『『朱子語類』訳注 巻84~86』(吾妻重二・井澤耕一・洲脇武志訳注,汲古書院,2014年) ISBN 9784762913099
  • 『『朱子語類』訳注 巻87~88』(吾妻重二・秋岡英行・白井順・橋本昭典・藤井倫明訳注,汲古書院,2015年) ISBN 9784762913112

論文編集