メインメニューを開く

吾平津媛

伝承上の上古日本の女性

吾平津媛(あひらつひめ、生没年不詳)は、古代日本の人物。『古事記』では阿比良比売(あひらひめ)と記される。

あひらつひめ
吾平津媛
時代 上古
配偶者 神武天皇(当時太子
子供 手研耳
(その他は#系譜参照)
父:火闌降(『古代豪族系図集覧』による)

日本書紀』によれば、日向国吾田邑の人である。

目次

名称編集

名前に含まれる「媛(ひめ)」については、「ヒメ」を参照。

系譜編集

記紀には両親についての記載はない。

古事記』によれば、「阿多之小椅君」の妹。同じく『古事記』には火照の子孫に「隼人阿多君」がある。なお、『古代豪族系図集覧』によれば、兄に阿多小橋君の祖の天曽利がいる。

上述の「阿多之小椅君」は、『日本書紀』に火闌降の子孫としてみえる「吾田君小橋」と同一と思われる[1]。そのため、同じく『日本書紀』に火闌降の子孫としてみえる隼人との関連が指摘される[2]

系図編集

記録編集

日本書紀』によれば、神武天皇(当時太子)は神武東征を行う前、日向にいた時に吾平津媛を妃としたという。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus『吾田小橋』 - コトバンク
  2. ^ 喜田,p255-257「皇妃吾田吾平津媛」
  3. ^ 古代豪族系図集覧』。

参考文献編集