メインメニューを開く
この項目に含まれる文字呀、牙は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

呀〈KIBA〉 〜暗黒騎士鎧伝〜』(キバ あんこくきしがいでん)は、『牙狼〈GARO〉』のスピンオフである特撮オリジナルビデオ作品。2011年(平成23年)9月3日に劇場公開、9月7日にDVD&Blu-rayが発売された。

呀〈KIBA〉 〜暗黒騎士鎧伝〜
監督 雨宮慶太
脚本 雨宮慶太
出演者 京本政樹
主題歌 影山ヒロノブ『Warrior 〜闇を駆けるキバ〜』
製作会社 東北新社
配給 東北新社
公開 2011年平成23年)9月3日
(劇場公開)
2011年平成23年)9月7日
(DVD&Blu-ray発売)
上映時間 45分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 牙狼〈GARO〉 〜RED REQUIEM〜
次作 牙狼〈GARO〉 〜蒼哭ノ魔竜〜
テンプレートを表示

暗黒騎士キバが魔戒騎士バラゴであったころに遭遇した事件を描く暗黒騎士キバ誕生秘話のスピンオフ作品。2011年5月、TVシリーズ第2弾製作と共に製作発表されている。キバ(バラゴ)の語りをメインに、イラストレーションとグラフィックにデジタル処理を施し、実写映像と融合させた「映像絵巻」として表現する。

時系列は、TVシリーズ第1期の第23話から第24話冒頭までの話となっている[1]

2011年(平成23年)9月7日にDVD&Blu-rayが発売。発売記念として9月3日より1週間限定で先行レイトショー劇場公開された[2][3][4]

ストーリー編集

御月カオルが目覚めるとそこは黒い部屋の中。現れたのは、心理カウンセラーとして慕い信用していた龍崎駈音と、謎の女・魔戒導師エルダ。龍崎の正体は闇に堕ちた魔戒騎士バラゴ(暗黒騎士キバ)であり、幼いカオルをホラーの始祖・メシアのゲートとして選んだ男だった。メシア降臨のための儀式の準備を進めるバラゴは、メシアのゲートであるカオルを拉致幽閉したのだ。

バラゴはカオルから「何故闇に心を売ったのか?」と問いただされ、「闇に心を売ったのではなく、自ら闇を選んだ」と答えた。そして幼き日、魔戒騎士の父と魔戒法師の母と一緒に暮らしていた日と、父母の死にまつわる悲しき出来事を語り始める。

登場人物編集

龍崎駈音 / 魔戒騎士バラゴ(暗黒騎士キバ)
闇の魔導書に導かれ、暗黒騎士としての道を踏み出す。エルダから究極の力と邪悪な闇が支配する世界をもたらすという未来を占われていた。
母は病弱な魔戒法師であったが、ホラーが憑依し無名の魔戒騎士だったバラゴの父によって倒された。その後、父はホラーに倒され亡くなる。
小説『暗黒魔戒騎士篇』では、バラゴの父は黄金騎士の系譜で高い実力を持つ魔戒騎士であったが、ホラーを倒すことに異常な執念を持ち、討伐のためなら手段を選ばないため様々な悲劇を生み出してきた傍若無人な非情な騎士で、家庭では暴君として振る舞う冷血漢であった。ホラーの返り血を浴びてしまった母を父が掟に従い殺したことにより、バラゴは父を殺し、母を死に追いやったホラーと父を憎む様子が描かれているが、第1期の第22話ではザルバが、バラゴはホラーに家族を食い殺された苦い過去があると語っていた。
また、バラゴが千体のホラーだけに留まらずバラゴに挑んできた魔戒騎士をも食らっていたことが明らかにされた。
魔戒導師エルダ
バラゴに新たな命と力を与えられ闇へと傾倒し、彼に仕える女性。預言ノ札と呼ばれる呪札を使った占いの術を得意とする。魔戒導師とは主に占星術を得意とする術使いで劇中では占い師のような役割を果たしており、バラゴこと龍崎駈音が「まだいたのか」と言っていることから今となってはめずらしい存在の模様。なお、魔戒導師というのはテレビ版で設定はあったが登場しなかったキャラとのこと[5]。本作において初めて登場した人物だがバラゴに協力した以降の彼女の顛末は描かれていないため、その後の行方はわかっていない。
御月カオル
メシアのゲートとしようとするバラゴに拉致される。その理由は、バラゴとカオルが初めて出会ったその時が6の年の6月6日の6時ごろで、その時のバラゴがその日6番目に出会った6歳の少女がカオルであったこと、さらにその時に彼女がバラゴに与えた花の数が6本だったから。
冴島大河 / 黄金騎士ガロ
バラゴの師であり鋼牙の父。バドの術によって、バラゴの「内なる光」のイメージとして、バラゴの内なる魔界に姿を現す。
風雲騎士波怒[6](ふううんきしバド)
二刀一対の剣「風雲剣」を使う白銀の鎧を纏った西の魔戒騎士であり、バラゴに挑んだ何人もの魔戒騎士の中の一人。本名は不明で[7]、銀牙騎士ゼロの兄弟子にあたる[8]。二刀流と雷などの術を駆使して暗黒騎士キバとなったバラゴに挑むもバラゴに倒される。バラゴいわく、自分の前に再度現れるたびに強くなっていたとのこと。相手の目前に小さな雷を落とす術や、2体に分身して幻惑する術、光に包まれに瞬間移動する術、黄色く光る魔獣の模様と化す電撃のエネルギー波を両手から放ち当たった際に生じた光の粒が心の中にある内なる光へと影響を及ぼす闘破雷撃などを駆使する。
魔戒騎士シンジ
エルダの恋人。勇敢で優しい魔戒騎士で、その未来は光り輝いているとエルダに占われていた。番犬所からの指令で、太古のホラー・ギャノンの骸[9]を探しに行くが仲間の魔戒騎士の裏切りに遭い殺される。
バラゴの母親
その死がバラゴの心にホラーや魔戒騎士への憎しみの念を植え付け、その後の運命を大きく狂わせた。後にメシアの力によって、バラゴの「最後の陰我」のイメージとして、バラゴの内なる魔界に姿を現す。
バラゴの父親
無名の魔戒騎士。ホラーに憑依された妻を倒す。バラゴが旅立ったすぐ後にホラーに殺された。「弱かったから死んだ」とバラゴは言っている。
シンジの仲間の魔戒騎士
シンジやエルダと共にギャノンの骸を探していた二人の魔戒騎士。彼らを裏切って殺害したが、その理由は不明。最期はギャノンの骸を求めて祠を訪れたバラゴに殺された。

技・装備類編集

雷剛(らいごう)
呀の召還する魔導馬。『暗黒騎士鎧伝』のみの登場。轟天や銀牙とほぼ同じ能力を持つが、漆黒の巨体に孔雀の尾羽、頭頂部に5本の角を持つ。蹄音の力により黒炎剣は巨大な閻魔斬光剣に変化し、巨大ホラーや装甲の硬いホラーでも一太刀で斬り倒すことが可能となる。なお、100体のホラーを封印して与えられた特殊な試練を乗り越えることができた魔戎騎士だけが召還を許される魔戒獣の魔導馬だが、バラゴが試練を乗り越えたという設定は未だ存在しておらず、バラゴの内なる魔界と言える「真魔界」でのみ登場しているため現世で召還できるかどうかは定かでない。

ホラー編集

ガリウス
鋭利な刺で覆われた一角魚のような外見のホラー。腕や顔の刃が武器。キバが投げつけた暗黒斬に両断された。
ブレイド
両手がとなっている大型のホラー。閻魔斬光剣の前になす術もなく両断された。
哭竜(こくりゅう)[10]
二本の大きな赤い角を生やした黒い竜のような外見を持つ大型のホラー。バラゴの内なる真魔界に多数姿を現す。
ギャノン
「メシアの牙」、「究極のホラー」と称される太古のホラー。詳細は『牙狼〈GARO〉 〜MAKAISENKI〜』を参照。
ホラーの始祖・メシア
闇の魔導書に陰を宿し、バラゴを闇の道へと誘う。その後もカオルを憑代にしてバラゴに試練を与える。

キャスト編集

スーツアクター編集

スタッフ編集

主題歌編集

パチンコ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 牙狼ぴあ 2015, pp. 50, 「牙狼全シリーズプレイバック 呀〈KIBA〉 〜暗黒騎士鎧伝〜」
  2. ^ 映画『呀<KIBA>~暗黒騎士鎧伝~』Blu-ray&DVD発売記念・劇場公開初日舞台挨拶 CINEMA TOPICS ONLINE 2011年8月17日
  3. ^ 京本政樹×リア・ディゾンが闇に堕ちた者たちを怪演!「牙狼 GARO」スピンオフ完成 MovieWalker 2011年8月17日
  4. ^ リア・ディゾン、ついに銀幕デビュー!「牙狼」シリーズ初のスピンオフ『呀~暗黒騎士鎧伝~』劇場公開決定! msnエンタメ・シネマトゥデイ 2011年8月17日
  5. ^ 呀・暗黒騎士鎧伝とは? 仕事のココロ+雨宮慶太のブログ、2011年5月14日。
  6. ^ 呀-KIBA-〜暗黒騎士鎧伝〜DVD・Blu-ray付属 ライナーノーツ
  7. ^ 牙狼ぴあ 2015, pp. 20-27, 「魔戒騎士全集」
  8. ^ CR暗黒騎士呀鎧伝公式サイトより出典。
  9. ^ その骸が封じられた祠は既に何者かが掘り起こした後であり、エルダは占いでそのことを知っていた。その犯人と骸の行方は『MAKAISENKI』で明かされる。
  10. ^ 名称はCR暗黒騎士呀鎧伝公式サイトより出典。

参考文献編集

  • 『牙狼〈GARO〉ぴあ 10th Anniversary Book』ぴあ〈ぴあMOOK〉、2015年11月10日。ISBN 978-4-8356-2543-0

外部リンク編集