メインメニューを開く

呂久村(ろくむら)は、かつて岐阜県本巣郡に存在したである。

呂久村
廃止日 1897年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 瑞穂市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
本巣郡
総人口 597
(震災誌[1]、1891年)
呂久村役場
所在地 岐阜県本巣郡呂久村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の瑞穂市呂久に該当する。

発足時は大野郡の村であったが、大野郡の分割により本巣郡の村となっている。

地名は、かつてこの地域の揖斐川の河道が極端に湾曲しており、轆轤のようだったことからという[2]。現在の瑞穂市呂久は揖斐川の右岸と左岸に分かれているが、これは、大正時代の木曽川上流改修工事により、揖斐川が新たな河道に変わったためである。旧河道の湾曲部の跡は、揖斐川右岸の瑞穂市と神戸町の境界線として残っている。

歴史編集

教育編集

  • 呂久小学校 (1924年に横屋小学校と統合し鷺田小学校呂久分校。1926年に廃校。)

参考文献編集

  • 市町村名変遷辞典 東京堂出版
  • 角川日本地名大辞典21岐阜県 角川書店
  • 岐阜県町村合併史 岐阜県地方課

脚注編集

  1. ^ 角川日本地名大辞典21岐阜
  2. ^ 国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所揖斐川第二出張所
  3. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁

関連項目編集