メインメニューを開く
艦歴
計画 昭和16年度計画(マル臨計画[1]
起工 1942年8月8日[1]
進水 1943年3月6日[1]
就役 1943年9月12日[1]
その後 1944年2月2日爆雷攻撃で沈没[2]
亡失認定 1944年3月5日[1]
除籍 1944年4月30日[1]
性能諸元
排水量 基準:960トン 常備:1,109トン
水中:1,447トン
全長 80.50m
全幅 7.05m
吃水 4.07m
機関 艦本式22号10型ディーゼル2基
電動機、2軸
水上:4,200馬力
水中:1,200馬力
電池 1号15型240コ[3]
速力 水上:19.8kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで5,000海里 
水中:5ktで45海里
燃料 重油
乗員 61名
兵装 40口径8cm高角砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首4門
魚雷10本
備考 安全潜航深度:80m

呂号第三十九潜水艦(ろごうだいさんじゅうくせんすいかん)は、日本海軍潜水艦呂三十五型潜水艦(中型)の5番艦。

艦歴編集

1941年昭和16年)の昭和16年度計画(マル臨計画[1]により、1942年(昭和17年)8月8日、三菱重工業神戸造船所で起工。1943年(昭和18年)3月6日進水。1943年9月12日に竣工し、二等潜水艦に類別[1]。同日、舞鶴鎮守府籍となり[4]、訓練部隊である第一艦隊第11潜水戦隊に編入された。

11月25日、第11潜水戦隊は第六艦隊所属となる。

1943年12月25日、第34潜水隊に編入[4][5]

12月28日、呂39は舞鶴を出港し[4][5]1944年(昭和19年)1月6日にトラックに到着[5]。17日、特設潜水母艦平安丸(日本郵船、11,616トン)に横付けして補給を行ったのちトラックを出港し、ウォレアイ環礁周辺海域に進出[4][5]

30日、ウオッゼ北東200浬地点に進出した米機動部隊の迎撃に向かうよう命ぜられる。2月1日、ウオッゼ環礁マロエラップ環礁の航空機搭乗員の救助を命ぜられる[5][注釈 1]。2月2日、ウオッゼ付近で敵に発見されたとの緊急通信を最後に消息不明[1][5]

アメリカ側記録によると、同日夜、ウオッゼ付近で米駆逐艦ウォーカー英語版(USS Walker, DD-517)がレーダーで浮上している潜水艦を探知し、照明弾を発射して潜水艦を照らし出した。すると潜水艦は緊急通信を発信した後急速潜航していった。ウォーカーは潜航した潜水艦をソナー探知して追尾し、その後爆雷攻撃を行い潜水艦を撃沈した。これが呂39の最期の瞬間であり、第34潜水隊司令・清水太郎大佐、艦長の館上陸太少佐以下乗員70名全員戦死[5]。沈没地点はウオッゼ付近、北緯09度24分 東経170度32分 / 北緯9.400度 東経170.533度 / 9.400; 170.533

3月5日、ウオッゼ方面で亡失と認定され、4月30日に除籍された。

歴代艦長編集

艤装員長編集

  • 不詳

艦長編集

  • 館上陸太 少佐:1943年9月12日 - 1944年2月4日戦死[2]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集20巻』95頁では「1月22日」。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『日本海軍史』第7巻、373-374頁。
  2. ^ a b 『艦長たちの軍艦史』450-451頁、『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』153頁。
  3. ^ 『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集20巻』72頁。
  4. ^ a b c d 『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集20巻』95頁。
  5. ^ a b c d e f g 『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』153頁。

参考文献編集

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集20巻』潜水艦伊号・呂号・波号・特殊潜航艇他、光人社、1998年。
  • 勝目純也『日本海軍の潜水艦 - その系譜と戦歴全記録』大日本絵画、2010年。
  • 『写真日本海軍全艦艇史 Fukui Shizuo Collection』資料編、KKベストセラーズ、1994年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9