メインメニューを開く

呂号第五百一潜水艦

ドイツ、日本の潜水艦

呂号第五百一潜水艦[1](ろごうだいごひゃくいちせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦

概要編集

もともとはドイツ海軍IXC40潜水艦U1224」で、1943年10月20日に竣工した。この艦はアドルフ・ヒトラーが、同盟国の日本がこの同型艦を量産してインド洋などでの通商破壊戦に使用することを期待して無償譲渡した潜水艦の一隻である。

しかしながら、譲渡後の海軍艦政本部による審査の結果、同艦は技術力に劣る日本海軍では生産不可能と判断されている。

1944年2月15日、日本海軍の艦籍に入り、伊号第八潜水艦で運ばれていた回航員(艦長:乗田貞敏少佐)がドイツ海軍の潜水艦学校において数か月間のUボート操艦のための日独合同訓練を経て、同年3月30日キールを出航し日本に回航するが、回航途中の5月13日大西洋カーボベルデの北西でアメリカ海軍バックレイ級護衛駆逐艦フランシス・M・ロビンソン英語版」によって撃沈され、乗員五十余人全員が戦死した[2]

呂号第五百一潜水艦長
  • 乗田貞敏 少佐:1944年2月15日[3] - 1944年8月26日 戦死認定、同日付 任海軍中佐[4]

戦後編集

1965年3月、来日した西ドイツ練習艦隊の乗組員らが希望して靖国神社銀杏を持ち帰り、駐独日本大使を招いて呂号第五百一潜水艦の将兵らの合祀祭を行ったのち、キール軍港の慰霊塔に植樹が行われた。1970年に、ドイツ空軍総監ヨハネス・シュタインホフが返礼としてドイツのシンボル)の苗を靖国神社に奉納している[5]

脚注編集

  1. ^ 昭和19年2月15日付 達第39号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070124200 。五〇一ではない。
  2. ^ 拳骨拓史 (2015). 昭和の戦争の真実. 扶桑社BOOKS. 
  3. ^ 昭和19年2月15日付 海軍辞令公報(部内限)第1324号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072095800 
  4. ^ 昭和19年11月8日付 秘海軍辞令公報 甲 第1638号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072101800 
  5. ^ 拳骨拓史 (2015). 昭和の戦争の真実. 扶桑社BOOKS. 

参考文献編集

  • 佐藤和正『艦長たちの太平洋戦争続篇』光人社、1984年 ISBN 4-7698-0231-5

関連項目編集