メインメニューを開く

呂 洪哲(ヨ・ホンチョル/여홍철1971年5月28日 - )は、韓国光州広域市出身の元体操選手。1990年代に活躍し、跳馬の「ヨー」「ヨー2」にその名を残す。

獲得メダル

呂洪哲
体操競技
大韓民国の旗 韓国
オリンピック
1996 アトランタ 跳馬
世界体操競技選手権
1996 サンフアン 跳馬
1994 ブリスベン 跳馬
ユニバーシアード
1991 シェフィールド 跳馬
1993 バッファロー 跳馬
アジア競技大会
1994 広島 跳馬
1998 バンコク 跳馬
呂 洪哲
各種表記
ハングル 여 홍철
漢字 呂 洪哲
発音: ヨホンチョル
ローマ字 Yeo Hong-Chul
テンプレートを表示

略歴編集

1992年バルセロナオリンピックでは個人全種目予選敗退と振るわなかったが、1996年自身2度目のアトランタオリンピック体操では跳馬で銀メダルを獲得した。2000年シドニーオリンピックではいずれも予選敗退だった。

1997年元旦に放送されたスポーツマンNo.1決定戦inアトランタ跳び箱選手権大会(TBS)に初出場、当時の世界記録21段を初挑戦で成功し一時的に世界タイ記録保持者となるものの、直後に22段を記録したヴィタリー・シェルボに敗れる。同年4月2日に同番組で放送された跳び箱世界一決定戦にて23段(3m6cm)の新記録を樹立(スポーツマンNo.1決定戦 総合順位 種目別順位#芸能人サバイバルバトル第2回)する。以降、同番組やSASUKEにも数度出場した。跳び箱に挑戦した選手の中でもずば抜けて加速力、瞬発力に優れた選手であり、自分の秘訣について「脚が強いからロイター板に負けないだけ」と語る。そのさまは、同じく23段の記録を保持している池谷直樹も「ヨーさんの踏み切りを普通の選手が行えば脚が壊れるだけ」と語る程であった。

外部リンク編集