メインメニューを開く

呉 光新(ご こうしん)は、清末民初の軍人。北京政府安徽派の有力軍人で、段祺瑞配下の「四大金剛」の1人(他は靳雲鵬徐樹錚傅良佐)と目された。また、段の義弟(妻の弟)にあたる。閻堂自堂植堂志堂

呉光新
Wu Guangxin.jpg
『改訂 現代支那人名鑑』(1928年)
プロフィール
出生: 1881年光緒7年)
死去: 1939年民国28年)
Flag of Hong Kong (1876–1955).svg イギリス香港
出身地: 清の旗 安徽省廬州府合肥県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 吳光新
簡体字 吴光新
拼音 Wú Guāngxīn
和名表記: ご こうしん
発音転記: ウー グアンシン
ラテン字 Wu Kuang-hsin
テンプレートを表示

事跡編集

1903年光緒29年)6月、日本に留学する。陸軍士官学校砲兵科第3期で学び、翌年卒業した。帰国後は、北洋陸軍第3鎮砲3標管帯、奉天混成協標統、第13混成協砲標標統、第2軍参議官と歴任した。

1914年民国3年)、陸軍第20師師長に就任したが、同年、病のため辞任した。袁世凱死後は段祺瑞率いる安徽派の有力幹部と目される。1917年(民国6年)、長江上游司令部司令に任命された。同年夏には四川査弁使を兼任した。1920年(民国9年)6月、湖南督軍も兼ねた。しかし翌月の安直戦争の際に、呉は直隷派湖北督軍王占元に拘禁され、軍も武装解除された。

1921年(民国10年)に釈放されると、呉光新は奉天派に与する。1924年(民国13年)9月の第2次奉直戦争では、奉軍第6方面軍副司令[1]として参戦した。段祺瑞による執政政府が成立すると、陸軍総長、陸軍訓練総監に任命された。1925年(民国14年)12月に辞職し、段とともに上海に移住した。

1939年(民国28年)、香港で病没。享年59。

編集

  1. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典』によると、第6軍副軍長。

参考文献編集

  • 来新夏ほか『北洋軍閥史 下冊』南開大学出版社、2001年。ISBN 7-310-01517-7
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
(創設)
長江上遊総司令
1917年8月 - 1920年7月
次代:
孫伝芳
先代:
張敬尭
湖南督軍
1920年6月 - 7月
次代:
譚延闓
先代:
李書城
陸軍総長
1924年11月 - 1925年12月
次代:
賈徳耀