呉 勝立(オ・スンニプ、: 오승립: Oh Seung-Lip1946年10月6日 - )は韓国柔道選手。兵庫県神戸市長田区出身[1]。階級は中量級。身長175cm[2]。高校までは「呉原」姓を名乗っていた[1]

獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
オリンピック
1972 ミュンヘン 中量級
世界柔道選手権
1969 メキシコシティー 中量級

人物編集

在日韓国人として生まれて、神港学園高校から天理大学に進み、主将を務めるなどして活躍する一方[3]、1967年にはユニバーシアードに韓国代表で出場して、決勝で園田勇に敗れ2位となった。1969年の世界選手権では3位となった。1972年ミュンヘンオリンピック中量級では5回戦で日本の関根忍を破るが、決勝では敗者復活を勝ち上がってきた関根と再戦となり、優勢に試合を進めていたものの、残り30秒で関根の体落に横転したこともあってか、1-2の判定で敗れて銀メダルにとどまった。

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集

  • 呉勝立 - JudoInside.com のプロフィール(英語)