メインメニューを開く

呉座 勇一(ござ ゆういち、1980年[1][2][3] - )は、日本の歴史学者(日本中世史)。国際日本文化研究センター助教東京都出身[2]

主な研究テーマは一揆[4]。大学時代の指導教員は村井章介[1]

目次

来歴編集

  • 1999年3月 海城高等学校卒業[5]
  • 2003年3月 東京大学文学部国史学科卒業[6]
  • 2008年3月 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学[1][4]
  • 2011年6月 「日本中世の地域社会における集団統合原理の研究 領主の一揆を中心として」で博士(文学)(東京大学)[4][7]
  • 2012年4月 東京大学大学院 人文社会系研究科 研究員[4]
  • 2014年4月 東京大学大学院 総合文化研究科 学術研究員[4]

章典編集

  • 2014年10月 角川財団学芸賞(『戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか』)[2]
  • 2017年12月 書店新風賞特別賞(『応仁の乱―戦国時代を生んだ大乱』)[8]
  • 2018年12月 紺綬褒章[9]

著書編集

単著編集

  • 一揆の原理 日本中世の一揆から現代のSNSまで』洋泉社、2012年9月26日。ISBN 978-4800300195
  • 『戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか』新潮社新潮選書〉、2014年1月24日。ISBN 978-4106037399
  • 『日本中世の領主一揆』思文閣出版、2014年2月28日。ISBN 978-4784217212- 博士論文
  • 応仁の乱―戦国時代を生んだ大乱』中央公論新社中公新書 2401〉、2016年10月19日。ISBN 978-4121024015
同書は発売後約10か月で発行部数が40万部を超え、室町時代を扱う歴史解説書としては異例の売上となった[10]

編書編集

脚注編集

  1. ^ a b c 呉座、2014
  2. ^ a b c 【決定のお知らせ】第12回角川財団学芸賞”. 角川文化振興財団 (2014年10月2日). 2019年1月15日閲覧。
  3. ^ 教養がある人ほど「陰謀論」に引っかかる バカだから騙されるわけじゃない”. プレジデントオンライン (2018年6月2日). 2019年1月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 呉座 勇一”. 国際日本文化研究センター. 2019年1月15日閲覧。
  5. ^ 同級生、今度はラジオ出演!|同期会・同窓会ひろば” (日本語). 海城学園同窓会 海原会. 2019年1月15日閲覧。
  6. ^ 呉座 勇一 - 研究者”. researchmap. 2019年1月15日閲覧。
  7. ^ 日本中世の地域社会における集団統合原理の研究 : 領主の一揆を中心として”. CiNii Dissertations. 2019年1月15日閲覧。
  8. ^ “『応仁の乱』が第52回「書店新風賞」の特別賞を受賞”. 中央公論新社. (2017年12月19日). http://www.chuko.co.jp/news/103666.html 2019年1月15日閲覧。 
  9. ^ 『官報』7404号、2018年12月6日
  10. ^ 【広角レンズ】「室町本」に熱視線 現代に重なる!?中世史が面白い (1/3ページ) SankeiBiz (2017年9月18日)

外部リンク編集