呉 延寵(ご えんちょう、オ・ヨンチョン、1055年 - 1116年)は、高麗文官武将であり、睿宗の重臣である[1]

呉延寵
呉 延寵
各種表記
ハングル 오 연총
漢字 呉 延寵
発音: オ・ヨンチョン
日本語読み: ご えんちょう
2000年式
MR式
U Yeonchong
U Yǒnch'ong
テンプレートを表示

概略編集

若いときは家運が傾いたが、科挙に及第して文官に任官した。1096年道宗の誕生日を祝うために使行しており、以後は起居郎・兵部郎中・侍郎を歴任した。

1100年徽宗の即位を記念してに派遣され、帰国時に『太平御覧』を入手して持ち帰る[2]

1107年、睿宗の勅命を受け、副元帥・都元帥尹瓘中国語版拓俊京王字之中国語版らとともに、女真へ遠征をおこない、勝利を収める[3]

1794年洪良浩朝鮮語版が編纂した朝鮮史における名将の伝記本『新しく解いて書いた海東名将伝』に呉延寵が選定されていることから、一般的に朝鮮における英雄の一人とみられている。

呉延寵は、高麗の成宗時代に中国から渡来した呉仁裕の子孫である[4]

脚注編集

  1. ^ 車柱環 1990, p. 219
  2. ^ 李能雨 2003, p. 169
  3. ^ 鳥居龍蔵 1976, p. 268
  4. ^ 韓国学中央研究院

参考文献編集

  • 鳥居龍蔵 『鳥居龍蔵全集 第6巻』朝日新聞社、1976年。 
  • 車柱環 『朝鮮の道教』人文書院、1990年。ISBN 978-4409410479 
  • 李能雨 『訳注「中国小説類の韓来記事」』九州大学言語文化部言語文化論究5、2003年3月https://hdl.handle.net/2324/5355 
  • 『한국학자료센터 - 인물관계정보』韓国学中央研究院http://kostma.net/FamilyTree/PersonPopup.aspx?personid=pd076655