呉氏我那覇殿内

呉氏我那覇家から転送)

呉氏 我那覇殿内(ごうじ がなはどぅんち)は、唐名・呉弘肇、泊里主宗重を元祖とする琉球士族(那覇士族)。里之子筋目。四世・我那覇親方宗昌以後、歴代当主は豊見城間切(現・豊見城市)我那覇村の脇地頭職を務めた。

呉氏我那覇殿内
No image available.svg
本姓 呉氏
家祖 呉弘肇・泊里主宗重
種別 琉球士族(里之子家)
出身地 琉球王国
主な根拠地 琉球王国
首里那覇
著名な人物 呉弘肇・泊里主宗重
支流、分家 宮城家、座間味家、前里家、吉元家
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

呉姓。元祖宗重は村の住人、尚徳王喜界島征伐の際の功で泊地頭となる。始め泊に居を構えていたが、五世宗廣の時、上意により首里に邸宅を構える。後に那覇に移動し、最終的には那覇士族となった。

系譜編集

 兄(長男):保栄茂親方宗友(別有家譜)

  • 三世:呉寧宗・安次峯親雲上宗恒

 姉(長女):思戸金按司(尚維衡夫人)

  • 四世:呉天澤・我那覇親方宗昌

 兄(長男):呉国承・座間味親方宗時(別有家譜)

  • 五世:呉國卿・幸地親方宗廣(三司官座敷)
  • 六世:呉郡尹・我那覇親雲上宗知

 姉(長女):乙美金(1631年尚豊王夫人・真南風按司)

 弟(次男):呉明倫・幸地親雲上宗冨(継出・姉の跡目)

  • 七世:呉文顯・我那覇親雲上宗信
  • 八世:呉秉均・我那覇親雲上宗相(牛氏より養子)
  • 九世:呉永配・我那覇里之子宗庸

 弟(三男):呉永煕・我那覇里之子親雲上宗利(別有家譜)

  • 十世:呉鴻謀・我那覇親雲上宗孝
  • 十一世:呉継志・我那覇親雲上宗總
  • 十二世:呉篤學・我那覇親雲上宗昆(元名乗保恭)
  • 十三世:呉得功・我那覇親雲上宗儀(元名乗保綱)

参考文献編集

  • 沖縄県姓氏家系大辞典 編纂委員会編『沖縄県姓氏家系大辞典』 角川書店 1992年
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』 球陽出版 2005年

外部リンク編集

関連項目編集