メインメニューを開く

呉淞区(ごしょう-く)は中華人民共和国上海市にかつて存在した市轄区。現在の宝山区の一部に相当する。

中華人民共和国 上海直轄市 呉淞区
[[|←]] 1927年 - 1988年
簡体字 吴淞
繁体字 吳淞
拼音 Wúsōng
カタカナ転記 ウーソン
国家 中華人民共和国
直轄市 上海
行政級別 市轄区
成立 1927年
廃止 1988年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) km²
人口

1927年民国16年)に設置された。1956年江湾区及び大場区と統合され北郊区とされたが、1960年に再設置、1964年には楊浦区に編入された。

1980年に再度設置[要検証]されるが、1988年に宝山県と統合され宝山区に改編された。

中国地名の変遷
建置 1927年
使用状況 1988年
中華民国呉淞区
現代呉淞区
廃止北郊区に統合)
呉淞区(1960年再設置)
廃止楊浦区に編入)
呉淞区(1880年再設置)
廃止宝山区に統合)

参考文献編集

関連項目編集