メインメニューを開く

呉王夫差矛(ごおうふさやり)は、中国春秋時代末期の国の王であった夫差青銅である。1983年11月湖北省江陵県馬山5号墓より出土した。腐食は見られない。

呉王夫差矛
Wuwangfuchaimao.JPG
呉王夫差矛の展示
材質 青銅
製作 春秋時代
発見 1983年に江陵県で発見
所蔵 湖北省博物館

形状編集

槍先の長さ29.5センチメートル。

刻字編集

槍には鳥蟲書中国語版という書体で「呉王夫差 自作用鈼(さく)」とあり、夫差自身が作成して用いた槍だと刻字されている。

出典編集


関連項目編集