メインメニューを開く

呉 班(ご はん、生没年不詳)は、中国三国時代の人物。蜀漢の軍人。元雄兗州陳留郡の出身。父は呉匡

生涯編集

188年劉焉益州行きに、族兄の呉懿の一家と共に同行した。やがて「男伊達」として知られるようになる。一族の女子(呉懿の妹)を通じて劉焉・劉璋父子や、その後に益州を支配した劉備と縁戚関係となる。劉備の時代には呉懿に次ぐ待遇を受け、領軍まで昇進した。

夷陵の戦いに従軍してに侵攻、馮習と共に巫県で呉の李異・劉阿らの軍勢を撃破している。また、劉備に囮として呉軍を挑発する任務を命じられたが、これは陸遜に看破されたため失敗に終わった。

劉禅の時代には督後部・後将軍に昇進する。諸葛亮北伐に参加し、魏延高翔と共に司馬懿率いる軍を大いに撃退する功績を挙げた(『三国志』蜀書諸葛亮伝の注に引く『漢晋春秋』)。

諸葛亮の没後も昇進を重ねて驃騎将軍・仮節になり、綿竹侯に封じられた。

一族編集

父は何進に仕えた人物である。

一族に呉懿・穆皇后(劉備の妻)の兄妹がおり、呉懿と共に蜀漢の外戚に当たる人物であるが、『三国志』蜀書に呉班の独立した伝は立てられていない。

三国志演義編集

小説『三国志演義』においては張飛都督を務め、劉備に張飛が暗殺されたことを知らせる。夷陵の戦いにも参戦しているが、敗退している。

劉備の没後は諸葛亮の南征と北伐に従軍し、その指揮下で活躍したことになっている。李厳が兵糧補給を怠って処罰された時、その責任調査に当たり、後将軍・安楽亭侯に任じられる。

諸葛亮の最後の北伐時、魏の張虎と戦って敗れ、戦死している。