メインメニューを開く
呉竹
艦歴
発注 1918年度計画
起工 1922年3月15日
進水 1922年10月21日
就役 1922年12月21日
その後 1944年12月30日戦没
除籍 1945年2月10日
性能諸元
排水量 基準:820トン
全長 83.8m
全幅 8.08m
吃水
機関 オールギアードタービン2基2軸
21,500shp
最大速力 35.5ノット
航続距離
乗員
兵装 12.0cm単装砲3基
6.5mm単装機銃2基
53cm連装発射管2基4門

呉竹(くれたけ)は、日本海軍駆逐艦若竹型駆逐艦の2番艦である。

艦歴編集

株式会社川崎造船所で建造。1922年(大正11年)10月、進水。進水時の名称は「第四駆逐艦」であった。12月21日、竣工。

1924年(大正13年)4月1日、「第四号駆逐艦」に艦名変更。1928年(昭和3年)8月1日、「呉竹」に艦名変更。

1941年(昭和16年)の太平洋戦争開戦時は呉鎮守府所属。大戦中はシンガポール方面の船団護衛に従事する。

1943年11月13日、船団護衛中にアメリカ潜水艦「トリガー」に対して爆雷攻撃を行い、被害を与えた[1]

1944年(昭和19年)12月30日、バシー海峡にてアメリカの潜水艦「レザーバック」の雷撃により沈没。

歴代艦長編集

 
進水する呉竹

※『艦長たちの軍艦史』377-378頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長編集

  • 佐野哲 少佐:1922年11月1日[2] - 12月21日[3]

駆逐艦長編集

  • 佐野哲 少佐:1922年12月21日[3] - 1923年8月13日[4]
  • 戸須賀千之 少佐:1923年8月13日 - 1924年12月1日
  • 森口重市 少佐:1924年12月1日 - 1925年12月1日
  • 福田良三 少佐:1925年12月1日 - 1926年12月1日
  • (兼)野末信次郎 少佐:1926年12月1日[5] - 1927年3月15日[6]
  • 藤田俊造 大尉:1927年3月15日[6] - 1929年11月30日[7]
  • 古村啓蔵 少佐:1929年11月30日 - 1930年11月15日
  • (兼)倉永恒記 大尉:1930年11月15日 - 1931年4月1日[8]
  • 市坪正雄 大尉:1931年4月1日 - 1931年10月12日[9]
  • 北村昌幸 少佐:1931年10月12日 - 1934年11月15日[10]
  • 馬場曻 大尉:1934年11月15日[10] - 1935年10月31日[11]
  • 勝見基 少佐:1935年10月31日 - 1936年12月1日
  • 小滝久雄 少佐:1936年12月1日 - 1937年12月15日[12]
  • (兼)吉井五郎 少佐:1937年12月15日[12] - 1938年1月2日[13]
  • 井手元男 少佐:1938年1月2日 - 1938年6月1日[14]
  • 橋本金松 大尉:1938年6月1日 - 1939年7月20日[15]
  • 藤田淳 大尉:1940年10月15日 - 1941年9月10日[16]
  • 鹿嶋正徳 少佐:1941年9月10日[16] -
  • 古谷卓夫 少佐:1942年10月20日 -
  • 田中弘国 大尉:1943年1月13日 -
  • 吉田宗雄 少佐(海兵62期):1944年3月10日 - 1944年12月30日戦死

脚注編集

  1. ^ 潜水艦攻撃、229ページ
  2. ^ 『官報』第3077号、大正11年11月2日。
  3. ^ a b 『官報』第3120号、大正11年12月23日。
  4. ^ 『官報』第3312号、大正12年8月14日。
  5. ^ 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  6. ^ a b 『官報』第61号、昭和2年3月16日。
  7. ^ 『官報』第878号、昭和4年12月2日。
  8. ^ 『官報』第1275号、昭和6年4月2日。
  9. ^ 『官報』第1439号、昭和6年10月14日。
  10. ^ a b 『官報』第2364号、昭和9年11月16日。
  11. ^ 『官報』第2651号、昭和10年11月2日。
  12. ^ a b 海軍辞令公報 号外 第107号 昭和12年12月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072900 
  13. ^ 海軍辞令公報 号外 第116号 昭和13年1月6日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073300 
  14. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第189号 昭和13年6月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073900 
  15. ^ 海軍辞令公報(部内限)第361号 昭和14年7月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076000 
  16. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第708号 昭和16年9月10日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082000 

参考文献編集

関連項目編集