メインメニューを開く

呉羽紡績株式会社(くれはぼうせき、1929年-1966年)は、かつて存在した日本紡績会社。大日本紡績連合会会員会社。東洋紡績と合併。

呉羽紡績株式会社
種類 株式会社
設立 1929年創業-1966年合併消滅
事業内容 紡績業
資本金 1,000万円
テンプレートを表示

目次

概要編集

1929年(昭和4年)に富山紡績(1921年創業、資本金230万円)の増資に際し新会社として設立された[1]。主な発起人は2代目伊藤忠兵衛、富山紡績関係者、また児玉一造豊島久七浅野総一郎松岡潤吉岸本吉左衛門平生釟三郎森村市左衛門、その他綿業関係者らであった[注釈 1][注釈 2][注釈 3]。資本金1千万円。

またこの年には、大日本紡績連合会の反対により未施行となっていた女性の深夜業禁止規定(1911年工場法)が施行された。

富山県婦負郡呉羽村の第1工場は、75,000の敷地を買収して36,300と全自動織機を192台導入した。同県上新川郡熊野村の第2工場はイギリス製のフラット紡機を使用し、イギリス領インド帝国向けの三巾金巾など織物の製造を行った。

1937年(昭和12年)には呉羽井波福野大門庄川の5工場を運営し、さらに最新設備に投資したうえ[3]賃金増額の一環として日本団体生命保険に加入した(従業員約1万人、保険金230万円)[4]

1942年(昭和17年)には商工省の指定により化学工業統制会のメンバー会社の1つになった[5]

沿革編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 岸本吉左衛門はイギリス系鉱山事業家範多範三郎(ハンス・ハンター)と親交があったと言われている。[1]
  2. ^ 豊島久七はのち1939年には日東紡績の役員で日印会商の顧問。[2]
  3. ^ 松岡潤吉は松岡汽船の創業者で娘婿が東宝の社長松岡辰郎

出典編集

参考文献編集

関連項目編集