メインメニューを開く

株式会社呉銀行(くれぎんこう)は、1927年(昭和2年)4月、広島県呉市に設立された地方銀行で、広島銀行の前身行の一つである。

本項目では当行の前身である(旧)呉銀行(1906 - 27年)および呉商業銀行( - しょうぎょうぎんこう / 1900 - 06年)についても併せて述べる。

沿革編集

呉商業銀行・(旧)呉銀行時代編集

呉銀行の前身である(株)呉商業銀行は、1899年(明治32年)11月1日、資本金100,000円、払込金25,00円をもって安芸郡和庄町(現・呉市)に設立され、翌1900年1月に開業した[1]1906年9月には「(株)呉銀行」と改称(商号変更)し[2]旧呉銀行)、この呉銀行と音戸銀行の合同で1927年(昭和2年)4月1日、新立合併による(新)呉銀行呉市に本店をおき発足した[3]

(新)呉銀行時代編集

(新)呉銀行は、1931年3月、(株)阿賀銀行を買収する[3]など経営を拡大し、1937年時点では県下に本店をおく5行の一つとなっていたが、戦時期の国・県による「一県一行」政策に基づき、同じく広島県下の(旧)芸備銀行広島合同貯蓄銀行備南銀行三次銀行とともに(新)藝備銀行の新立に参加し、1945年5月1日の同行設立に際して解散した[3]。当行の解散により呉市内に本店をおく銀行は消滅した。

年表編集

  • 1899年(明治32年)11月1日:安芸郡和庄町に呉商業銀行が設立。
  • 1900年(明治33年)1月5日:呉商業銀行の開業。
  • 1906年(明治39年)9月15日:呉銀行と改称(商号変更)。
  • 1927年(昭和2年)4月1日:呉銀行と音戸銀行の新立合併により(新)呉銀行が呉市に設立。
  • 1931年(昭和7年)3月1日:阿賀銀行を買収。
  • 1945年(昭和20年)
    • 4月25日:当行および(旧)芸備銀行・広島合同貯蓄銀行・備南銀行・三次銀行の5行合併による(新)芸備銀行の新立合併認可。
    • 5月1日:芸備銀行の新立合併・開業にともない解散。

当行に統合された銀行編集

音戸銀行編集

(株)音戸銀行(おんどぎんこう)は、愛媛県の(株)中山銀行(1898年3月3日設立、同年4月15日開業)[4]が、広島県に転出して(株)工商銀行への改称(1907年3月29日)[5]を経て、1909年7月22日に改称した[6]ものであり、本店は安芸郡音戸町(現・呉市)におかれた。

阿賀銀行編集

(株)阿賀銀行(あがぎんこう)[注釈 1]は、1899年(明治32年)4月14日に大阪府に設立された(株)北河銀行が賀茂郡阿賀町(現・呉市)に本店を移し1909年3月4日に改称したものである[8][9]

歴代頭取編集

店舗編集

呉市の本店は広島合同貯蓄銀行本店(のちの広島銀行銀山町支店)も手がけた地元建築家の豊田勉之(1891~1950)の設計によるものであったが、現存しない[10]

脚注編集

外部リンク編集