メインメニューを開く

呉青山中学校・高等学校(くれあおやまちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、広島県呉市青山町にある、中高一貫教育を行う私立中学校高等学校

呉青山中学校・高等学校
Kureaoyama highschool.JPG
過去の名称 呉青山学院中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人清水ヶ丘学園
校訓 創意実行
設立年月日 2000年
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 34540H
所在地 737-0023 
広島県呉市青山町2-1
北緯34度14分28.1秒 東経132度33分59.8秒 / 北緯34.241139度 東経132.566611度 / 34.241139; 132.566611座標: 北緯34度14分28.1秒 東経132度33分59.8秒 / 北緯34.241139度 東経132.566611度 / 34.241139; 132.566611
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
呉青山中学校・高等学校の位置(広島県内)
呉青山中学校・高等学校

設置者は、同校に隣接する清水ヶ丘高等学校も運営する学校法人清水ヶ丘学園。

校名は所在地の地名に由来しており、東京都にて青山学院大学などを運営する学校法人青山学院との関係はない。

目次

概要編集

校訓は創意実行。在校生の80%以上が国公立大学へ現役合格することを目指している。

沿革編集

所在地編集

  • 〒737-0023 広島県呉市青山町2-1

校名問題(呉青山学院事件)編集

呉青山中学校は当初、呉青山学院中学校という校名で開校した。これは同校の所在地に由来するものであったが、東京都にある学校法人青山学院は、学校法人清水ヶ丘学園に対して商標権の侵害及び不正競争行為であるとして名称の使用差し止めの訴訟を提起した。2001年7月、東京地方裁判所は清水ヶ丘学園側の「中学校のある地名を示しただけ」という主張を退け、「は広島の都市名として全国的に知られているが、広島県に青山という地域があることは知られておらず、名称全体では『青山学院』の部分が特に注意を引く」「青山学院は首都圏を中心に広く知られており、被告の名称は『青山学院と関連がある呉市の中学校』を連想させ、不正競争防止法2条1項2号に規定する不正競争行為に該当する。」として、清水ヶ丘学園が「青山学院」の文字を含めた学校名を使うことを(中学校名を英語やローマ字で表記することも)禁じる判決[1]を言い渡した。この判決に対し、被告の清水ヶ丘学園は即日控訴したが、その後学園は、校名から「学院」を外し呉青山中学校に改称し、控訴を取り下げた。当時の清水ヶ丘学園理事長であった原田敬二は、本件の責任を取り理事長職を辞任した。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集