メインメニューを開く

味付け海苔(あじつけのり)は、板海苔の加工品であり、醤油砂糖を主に味付けした加工海苔である。

概要編集

カットされる前の大きなサイズ(全形、約21cm×19cm)で販売されている板海苔と異なり、8切り(5cm×10cm)や12切り(3.5cm×10cm)程度にカットされた小片が、複数枚(5枚程度)セットになって包装された状態で販売されていることが多い。

加熱乾燥されており、パリパリとした食感であるが、口に入れると唾液などの水分により海苔と調味料が溶け出して口の中で味と香りが広がる。ただし、味付けに用いられている調味料により、調味されていない製品と比較して吸湿性があり、パリパリとした食感を楽しみたい場合には、食べる直前に開封する。また、開封後しばらくすると、湿気を吸って溶け出した調味料により海苔同士が貼り付く、取り上げる際に調味料が手に付いたり扱いにくくなるだけではなく、風味が悪くなる。

歴史編集

味付け海苔は1869年(明治2年)に、山本海苔店の2代目山本德治郎が、明治天皇京都への行幸の際の土産として発明したものである。この献納された味付け海苔は「宮内省御用」と書かれた海苔箱に入れられる事となり、その後1958年(昭和33年)まで続く宮内庁御用達となった。また一般に向けて販売すると人気となり、全国に広がった。また、3代目德治郎は輸出を積極的に進めて、海外にも広がっていく。

かつては、大森界隈でも味付け海苔が研究されていたが[注釈 1]、山本海苔店の味付け海苔が人気となってからは、各地で同様の味付け海苔が生産販売されるようになった。

注釈編集

  1. ^ 大森ふるさとの浜辺公園内の大森海苔のふるさと館で見学可能。

関連項目編集